おじさんの入院

画像

画像

画像

画像


もう一ヶ月が過ぎた。
5月27日。
僕は脳神経外科のベッドのうえにいた。
人生初めての入院。
正式には、50年以上前マムシにかまれて救急車で運ばれ一晩だけはあるが。
長期の入院は初めて。
脳梗塞。
異変は、一週間以上前にあった。
仕事をしていて、ふいに右手の人差し指がうまく動かなくなった。
パソコンのダブルクリックができない。
あれ?
ふいにやってきた。
人差し指と親指でものをつかめなかったりした。
その時は、突き指でもしたのかと思っていると症状は三日ほどで解消したのだ。
それから一週間後の土曜日。
しゃべっているとやたらつかえる。
思うようにしゃべれていない自分に気がつく。
翌日曜日、朝起きて「おはよう」と言おうとしたら言葉が出てこない。
これは・・・・。
一日待って、病院にやってきて即刻入院となった。
本当はもっと早く行くべきだったのだろうが。
すべて今を思えばという。
半身が動かないということはなく、局部的だったので、深刻には考えていなかったことはある。
それがいきなり入院。
そして、一日一回二時間の点滴を午前と夕方。
高気圧酸素治療を1時間半。
心電図の機械が体に貼りつき、酸素チューブを鼻に。
良く見る入院患者の姿を自分がしていることに内心おかしかった。
画像

画像

画像

初めての病院食。
味付けとか材料とか考えてるなとか感心しながら。
これ以上続けば飽きるだろうなと思う。
実は箸を使っていると、最初の人差し指の感覚がまだ完全に戻っていないことに気づく。
文字を書くのも、気合いを入れておかないとへなへなとなってしまう。
治療を始めてから、喋りはみるみる改善。
一週間後には人から見たら違和感無くなっているようだった。
自分の中では、違和感が残っていて、これはずっと付き合っていかなければならないんだろうと気づいた。




おじさんの俳句お立ち寄りください。
https://s.webry.info/sp/musinandanikki.at.webry.info/201903/article_1.html


宙虫の俳句・・・・2018年分はこちら。お立ち寄りください。
https://s.webry.info/sp/musinandanikki.at.webry.info/201812/article_2.html


麦の会(ブログが移転しました。)
http://mugihumi2190.seesaa.net/


小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://blog.goo.ne.jp/nakadayo2018


face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント