おじさん(Age.62)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさんシネマ(マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー)

<<   作成日時 : 2018/09/02 11:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


公式サイト
http://mammamiamovie.jp/

全編ABBAの曲で構成されたミュージカル「マンマ・ミーア!」の続編。

★ストーリー
 エーゲ海に浮かぶギリシャの美しい島“カロカイリ島”。ソフィは母ドナとの夢だった新築ホテルをついに完成させ、それを祝うオープニング・パーティの準備に奔走していた。しかし夢を叶えた一方で、ニューヨークに滞在中の夫スカイとのすれ違いにかつてない不安を抱えていた。そんな中、ソフィの妊娠が発覚し、自分を身ごもったときの母の気持ちに思いを馳せるとともに、3人のパパたちとどのように出会ったのかを知りたいと思うようになる。1979年、オックスフォード大学を卒業した若き日のドナは、見聞を広めたいとひとりで旅に出る。やがて宿泊先のホテルで若き日のハリーと出会うドナだったが…。

多分、前作を観ていないと、人間関係と時間の関係がごちゃごちゃになってしまって、わけのわからないものになってしまうのだろうと思えるが、前作を観ている自分には充分にわける内容だ。
もともとストーリーはあまあまなので、そんなこと・・・・と思う展開は予想がつく。
しかし、そんなことはどうでもいい。
ABBAの楽曲をパワフルにまたしっとりと歌い、踊り、ギリシャの島を舞台に愛と別れと再会と。
誰もがハッピーになるために、集まってくる。
とにかくABBAの曲が満載で、芝居をしているより、出演者が歌い踊っているシーンの方が多いのではと思ってしまうほど。
歌い終わると、次のシーンに展開するテンポで、次々に過去と現在と・・・・。
主人公ソフィの母親ドナの旅と三人の男たちとの出会い。
この三人の男の誰かがソフィの実の父親なのだが、それは今作でも明らかになるわけではない。
現在のパパたち、ドナ、ドナが関わる友人など、ここにそれぞれ現在の人間がいて、出演者がすごい数になる。
ちょっとえ!という展開は、メリル・ストリープが演じるドナが今作ではいきなり死んでいて、登場しない。
母親と娘の物語の母親がいないわけだが。
そこは上手に仕上がっていて、メリル・ストリープもしっかりと登場することになっている。
「ここで出てくるのか」という場面で。
とにかく魅力は、全員が歌える。
そして、踊りまくる。
実際は、現在の登場人物たちは確実に年齢を重ねているのが面白い。
ABBAをリアルタイムで聴いていた世代ということだ。
後半、「ダンシング・クイーン」が流れるあたりからもう最高潮。
みんなを笑顔にさせる。
この後半に登場するのが、ソフィのおばあ様、ドナの生き方に反対していて、ストーリー上は出てくるが前作でも登場しなかったが、今回、重要な部分で登場する。
それを演じるのがシェーラ。
シェーラが歌う「哀しいフェルナンド」が圧巻。
他の追随を許さないすごい存在感を見せる。
このおばあ様の登場の仕方もまたかっこいい!
気が付くと、みんな恋をし、そしてハッピーに。
おばあ様までハッピーになってしまう。
パワフルなミュージカル。
いいじゃないの!無節操でもハッピーなら!
とにかく楽しい。



おじさんの俳句はこちら
https://musinandanikki.at.webry.info/201808/article_2.html

そしてこちらにも
http://musinandanikki.at.webry.info/201803/article_8.html


宙虫の俳句・・・・2017年をまとめています。興味のある方、お待ちしています。
http://musinandanikki.at.webry.info/201712/article_4.html


小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://blog.goo.ne.jp/nakadayo2018


face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさんシネマ(マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー) おじさん(Age.62)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる