おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさんの熊本地震から一年

<<   作成日時 : 2017/04/17 07:43   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

4月16日。
日曜日。
朝から気温が高い。
桜をちゃんと見ていなかったので、ここにきてあちこち見て歩いていた。
もう、ソメイヨシノはほとんどどこでも散ってしまっていた。
この日、やってきたのは大分県日田市の上津江。
少しはやいけれど、シャクナゲが咲いているかもしれないと思い、やってきた。
が、こんな景色に出くわす。
山桜と渓谷と。
薄いピンクと赤い葉とそして緑。
何度もここは通っているが、ここまで素晴らしいと思ったことはなかった。
画像

開花宣言はおくれて三月の末だったし、それからは寒い上に雨続き。
こんな青空のもと桜を見るのは今年初めてだ。
画像

この16日は、熊本地震の本震から丸一年。
経験のない災害に右往左往した一年だった。
今でも耳の奥にあのどんとくる地鳴りが残っていて、夜などは車の音などで身構えたりする。
幸い自分の被害といえば食器棚とタンスがたおれただけ。
次々余震が襲うなか、暗闇の車のラジオで聞くニュースに愕然とした。
一年前のことだが、鮮やかな記憶の部分とどうにも思い出せない部分もある。
一年たって倒壊した建物や危険な建物は次々と更地になっていく。
もう、そこに何があったかもわからない場所もたくさんある。
毎日見てきた建物なのに、記憶の曖昧さは本当に哀しい。
が、それができるから、すべての哀しみを背負って生きることをしなくていいのが人間なんだろうと思う。
被害のひどかった地域のなかなか進まない復興。
この復興という言葉も曖昧なものだが、言葉自体の力強さで奮い立っているのもゆがめない。
みな一人ずつ突き詰めていけば、復興の目指すものが違うところが見えてくるが、着実に前へ。
そう願う。
画像

山桜を追って車を走らせると、そこは上津江の白草という集落。
なんだか桃源郷のような地区だ。
桜や水仙や芝桜。
さらにシャクナゲやツツジが咲き始めていた。
画像

画像
画像

のどかな景色。
この地域は地震の被害はなかったようだが、雨や風の災害は過去にあったのかもしれない。
一本しかない道。
孤立しやすい地域だろうなと思う。
それでも人は住み、自分たちの村を花盛りにする。
生きていると感じる。
そして、去年の今頃、こうやって花を見る余裕はなかった。
ツツジやアジサイの記憶が確かに乏しい。
青空、気温は30度手前、四月の初めのあの寒さはなんだったんだろう。
月曜日は雨になる。
その予想はピタリと当たり、午後には強風が吹いている。

哀しみを終える桜であればいい 宙虫






2016年の「宙虫の俳句」お立ち寄りください。
http://musinandanikki.at.webry.info/201612/article_5.html


小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://blog.goo.ne.jp/nakadayo2018


face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさんの熊本地震から一年 おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる