おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさん晴れたから!

<<   作成日時 : 2016/05/05 09:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

5月4日。
南阿蘇村へやってきた。
地震以降、気がついたら運動不足になっていた。
わらび狩りでもしようと思った。
そして温泉にでも。
ゴールデンウィークらしい過ごし方を。
午前10時過ぎ、南阿蘇を目指し、熊本市内を出た。
普段は益城町を通って行くのだが。
一番ひどい被災地を通過しなければならないので御船町から吉無田高原経由でと思い、まずは御船町を目指す。
もちろんこの御船町もたくさんの被害を受けた建物。
道路はがたがたになっている箇所も。
御船町の中心部を通り、吉無田高原への案内板に沿って入ろうとしたら、通行止めの立て看板。
しまった。
このまま進むと益城町の被害のひどい地域を通過しなければならない。
しかし、別の道を行こうにもどうなっているかわからないので、仕方なく直進することにする。
災害支援などの車の量が多くなれば断念するしかないかと思いながら。
御船町から益城町までの道は混むこともなく進めた。
次第にブルーシートの屋根の家が増えていき、傾いた家や倒壊の家などが増えてくる。
ボランティアらしきひとたちも含め、片付け作業をしている人たち。
この日は風が強くブルーシートがめくれたりしている。
やがて景色が一変する。
益城町の総合体育館が見えてきた。
と思った瞬間。
避難所に向かう車などで対向車線は大渋滞を起こしている。
こちらの車線は問題なく進む。
高速道路や熊本市内方面からの車。
震災ごみを積んだトラックや災害支援の車や避難所に向かう一般の車などさまざま。
やはりむやみに車でこの地域をうろついてはいけないなと思う。
さらに、体育館の反対側。
益城町の中心にあたるこの地域の姿は凄まじい。
地盤から崩れた家々。
軒並みだ。
毎週、この体育館にミニバレーのために通っていた僕らにとって、胸を締め付けられる。
あれから3週間。
道もある程度補修されているが波打っている。
青空や新緑が切ない。
早くこの町に住む知り合いと会いたいが、この状態でこの渋滞の中に入り込むわけにはいかない。
今は無事を確認できているので時々連絡を取り合うことで良しとしよう。
益城町から熊本空港へ向かう道を進む。
一番悲惨な地域を抜けて、西原村へと向かう。
こちらも倒壊の家が目立つ。
御船町、益城町、熊本市の東区、西原村そして南阿蘇村。
車で通った限りではこういった地域が被害がひどいようだ。
地盤や建物の構造や年代や諸々のことが重なっているので見る限りだけではどんな家が倒壊したのかなど分類は難しい。
ただ、活断層が自宅のそばを通っていた家などは建物がいくら頑丈でもどうしようもない。
立派な二階建ての豪邸が潰れていたり、真新しい家が倒れていたり。
どこも片付けのボランティアなどが動いているようだ。
西原村から南阿蘇村へ向かう。
西原村から南阿蘇村への俵山トンネルの道はトンネルがやられ橋が傷んで通行止め。
グリーンロードが迂回路になっている。
御船町側からこの道路に出ようとしたが通行止めだった。
結局ぐるっと巡って反対側から通ることになった。
南阿蘇村の住宅地へ下りて行く途中。
恐ケ淵の滝を見に行こうと下りていく。
こんな青空。
狭い道だが、無事に通れた。
画像






2015年の俳句はこちらで公開中。お気軽にどうぞ。
http://musinandanikki.at.webry.info/201512/article_11.html




小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://blog.goo.ne.jp/nakadayo2018


face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさん晴れたから! おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる