おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさん深耶馬渓ウォークに参加する1

<<   作成日時 : 2014/11/17 18:35   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

11月16日(日)。
午前5時、熊本を出発。
まだ真っ暗な高速道路。
大分自動車道の玖珠インターを目指した。
目的は紅葉真盛りの耶馬渓。
ネットでたまたま見つけた「深耶馬渓ウォーク」に参加するためだ。
イベントは午前8時受付。
午前9時開会式となっていたため。
大分県の中津市の深耶馬渓に着くためにはこの時間で車を走らせなければならなかった。
大分の「耶馬溪」とは広範囲に渡って存在する奇岩奇峰の織りなす景観が有名。
中津市を中心として玖珠町や宇佐市にも広がっている。
その地域は大まかに「本耶馬渓」「深耶馬渓」「裏耶馬溪」「奥耶馬渓」などと分けられている。
そして、その区分のなかにまた「○○の景」といった名前で呼ばれる景観が全部で66景。
そんな豆知識をさらしながら目指すはその「深耶馬渓」。
この地域のなかで有名なのは「一目八景」と呼ばれるところ。
紅葉シーズンは、狭い道路が数珠つなぎになって、大渋滞を引き起こす。
それを知っているので、紅葉のこのシーズンには近付くことはしていなかった。
しかし、たまたまこのイベントの集合場所に行くのに通過するので立ち寄らなければ勿体ない。
しかも、通過時間は朝7時過ぎ。
夜があけたばかり。
まだ観光客はさほどいないはず。
夜明けの耶馬溪を見るチャンス。
案の定、一目八景の一つ手前の景「錦雲峡」にたどりついたときは車とすれ違うこともなくすいすい。
玖珠町と中津市の境の「錦雲峡」だ。
しっくり見る時間がないので、写真を一枚。
あとは車の中で楽しんだ。
まだ、まっ赤とはいかないが、かなり紅葉は進んでいるようだ。
期待感大。
画像

7時20分ころ。
一目八景の駐車場に車を停める。
何台かしか止まっていない。
この時間、間違いなかった。
しかし、じっくり見る時間はないが、とにかく散策しながら、一目八景の展望台へ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

素晴らしい。
今日の予報は曇り。
青空は期待できないが。
まだ朝が明けきれない「耶馬溪」の一番の観光スポットを楽々。
展望台から次に目指したのが「麗谷(うつくしだに)の景」である。
集合時間までで行けるところまで行くことにした。
いつも入口までしか入ったことがないので。
紅葉を見てみたかったのだ。

以下続く・・・・。



2013年の宙虫の俳句を公開中。
http://musinandanikki.at.webry.info/201312/article_9.html




face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村



小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://8620.teacup.com/mugi0000/bbs?







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさん深耶馬渓ウォークに参加する1 おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる