おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさん山歩き(観音滝)

<<   作成日時 : 2014/06/21 08:54   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像

大分県豊後大野市緒方町。
傾山への登山口のひとつ九折から一時間たらず歩いて出会える。
5月の終わりに出かけた。
あの頃は連日猛暑。
で、滝を思い立ってやってきた。
何度もこの登山口までは来ているけれど、傾山へは登ったことがないので滝に行ったことはない。
いつも単なるドライブだったり、夕方に着いたりで登山口近辺を散策して終わりだったからだ。
なので、この日はしっかりと観音滝を目当てにやってきたのだ。
そういえば前回来た時に観音滝への道がこわれているような情報が駐車場にあるインフォメーション小屋にかかれていたがなにも情報はなかった。
渓流沿いに傾山への登山口を進みあとは観音滝への案内板を追っていくだけ。
緑がきもちいいし、特段難しい道はない。
ただ、度重なる豪雨や今年の冬の豪雪で倒木や枝折れした木が目立つ。
これも自然なのだろうけれど。
異常気象が人災ならばとふと考える。
滝つぼへの案内板を見つけた。
滝はまだ見えない。
登山道と分かれて下ってゆく。
あまりひとの歩いたあとはないが、きちんと道はある。
けっこうくだっている。
滝が見えてくると。
道がなくなっていた。
滝つぼへの道は根こそぎ倒された木の根がどんとふさいでいて、その先は地すべりでなくなっていた。
しかし、滝を見てしまうと滝つぼまで行かなくては。
そこから急斜面をくだり、沢沿いまでおりる。
雨や雨上がりには足をとられそうだし、ごろごろした石が斜面を転がる。
まわりの樹木や岩に体を預けながらおりた。
やっとたどり着いた観音滝。
やや水量が少なかったかもしれないが。
岩盤を滑るように落ちる水に感動する。
画像

パノラマ撮影してみた。
なかなか面白い。
滝つぼにも多分滑り落ちたんだろう樹木が。
こんな劣悪な環境でも植物たちは必死に生きているんだと思う。
帰り道、登山道へ出るまでの斜面を登ることを考えつつも、大事な時間をもらったような気がする。
画像
画像
画像






2013年の宙虫の俳句を公開中。
http://musinandanikki.at.webry.info/201312/article_9.html



face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村



小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://8620.teacup.com/mugi0000/bbs?





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさん山歩き(観音滝) おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる