テーマ:ひとりごと

おじさん2020年

明けましておめでとうございます。また新しい一年が、始まりました。大分県竹田市。生まれ故郷で2020年は始まりました。昨年一年は山あり谷あり。このブログもほとんどサボり気味で静かにしていました。また少しずつブログにも帰って来ようと思います。皆さんの一年どんな一年になるでしょうか?少しでも明るい年になりますようにお祈りします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん入院2

5月27日の入院。 そこから治療が始まる。 病室は6人部屋。 毎日のごとく退院があり、入院がある。 喋りがうまくいかないのは辛いが、患者同士話せるのは助かった。 テレビも見ず、スマホと俳句雑誌だけで過ごした2週間だった。 毎日、妻がやってくる。 時々仕事帰りの息子もやってくる。 見舞客はうまく喋れないからと断った。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おじさんの入院

もう一ヶ月が過ぎた。 5月27日。 僕は脳神経外科のベッドのうえにいた。 人生初めての入院。 正式には、50年以上前マムシにかまれて救急車で運ばれ一晩だけはあるが。 長期の入院は初めて。 脳梗塞。 異変は、一週間以上前にあった。 仕事をしていて、ふいに右手の人差し指がうまく動かなくなった。 パソコン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんなんとか俳句生活

ブログをサボっていた。 このところ、年度末でちょっとだけ残業中。 家に帰って、横になったら最後。 とにかく目が疲れてしまう。 目を閉じたらおしまいなのだ。 たまたま原稿や投句諸々。 パソコンに向かう必要があるが、立ち上げている間にダウンなんてことしょっちゅうなのだ。 目が覚めたらと思いながらも、目覚めてから取りかかるまでにこれまた時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん2019

2019年が始まった。 昨年末のバタバタもなんとか落ち着いてきた。 頭の中を駆け巡るものが多くて、体は思うようについていかない。 そんな年明け。 妻と次男と三人で迎えた2019年。 長男は白い骨壷の中。 不思議な存在。 正月は彼の49日の法要となった。 やはり家族はありがたい。 法要のために長男を田舎に連れて帰る。 わいわいがやがや。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんはクリスマスに

クリスマス。 その前の三連休はグダグダしていて疲れた。 何をしたのかな? 土曜日は、妻が温泉に行きたいというから、ドライブ。津奈木町までやってきて昼飯のちゃんぽん。 宮原サービスエリアの晩白柚。 温泉は芦北町田浦の御立岬温泉。 鳶が優雅に飛んでいる。 日曜日は午後散髪に行った。 帰りにケーキを買って帰って亡き息子の38回目…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おじさん誕生日を祝う

12月23日、平成最後のいや、この日が天皇誕生日なのは今年が最後。 だが、我が家ではこの日はもともと長男の誕生日。 あとひと月生きていたら、彼は38歳にたどり着けていたのに。 何日かに一回はこんなことを思う。 不思議な時間がここにはある。 生きていれば、同じ空気を吸えたし、想い出話だけじゃない時間も共有できた。 あの時、こうだったとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんはやはり

12月も半分以上が過ぎた。 毎日、仕事にも出かけて、いつも通りに日々をやり過ごしている。 なんだかなー。 ふわふわとした空気感。 舗道やビルの床も皆、ふわふわとした感じ。 触れるものもふわふわとして。 いつもと変わらないのにどこか踏ん張りがきかない。 もう気力ふりしぼるのも終わりでいいやとも思う。 長男の死というより、自分のモチベーシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんは日常に帰ろうとする

人は強い。 息子の骨壷と一緒に暮らしだして、少しずつ日常に戻ってきた。 少しだけ新しくなった生活環境にすぐに慣れて。 色々なさびしさやつらさはもちろんあるが、笑いあっていられる家族でありたい。 いい父母だったろうか? 残された弟に若干プレッシャーがかかっているようだが、彼にも人生を考えるひとつの転機になればそれもよしかと。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おじさんの息子ゲーマー「でんぽ」から最後の

ゲーマー「でんぽ」からみんなに最期のメッセージ。 本当にさようならです。 ※11月24日。 この日はクイーンのボーカルである「フレディー・マーキュリー」の命日でもある。 僕が車の中などで聴いていたクイーンの曲などを聴いて子供たちも好きになったようだ。 映画「ボヘミアン・ラプソディー」に家族三人で行こうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんauでんきに怒る

#auでんき #クレーマー #解約 このままではクレーマーになってしまう。 死んだ長男が契約していたauでんきに解約について、一週間前、電話で書類を取り寄せたつもりだった。 死んだことがわかる書類と解約を申し込んだ人間がわかる書類と言われていた。 封筒を送ります。 到着までに5日ほどかかりますので。 という返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんあれから一週間そして「でんぽ」へメッセージをくれたみんなへ

あれから一週間。 やっと息子の葬儀の日までたどり着いた。 長かった一週間。 九州に帰ってきた息子、今、故郷のばあちゃん。おっちゃん。おばさん。いとこたちなどとの別れの時を迎えている。 息子の友人たち。 高校時代の友達やゲーム仲間のみんな。 なんとか彼の訃報を伝えようと彼の弟が手だてしてくれた。 みんなからもらったメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの息子はゲーマー「でんぽ」

11月24日。 土曜日の朝、息子の死の報せを受け、慌てて夫婦で上京。 3泊4日。 なんとか火葬まで済ませて、羽田から昨夜遅く熊本へ帰り着いた。 現実と非現実と交互に頭の中が悲鳴をあげる。 次男が車で迎えに来た。 家族4人。 久しぶりのみんな揃った一夜。 悲しみはどこか安堵に変わっていた。 ところで、亡くなった息…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん 巻き戻せるなら

誰も時を巻き戻せやしないのに。 東京の夜は長い。 何度も何度も時の巻き戻しに挑戦してみる。 時は進まないし、戻りもしない。 悶々としてホテルのベッドに横たわっている。 今日、長男を火葬。 夜、僕ら三人は次男の待つ熊本空港へ。 おじさんの俳句こちら https://musinandanikki.at…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん つらい 眠れない

11月24日朝、留守電に気づく。 警視庁大森警察署から。 息子が死んだと。 事件事故ではない。 遺体確認に来て欲しいと。 他人の悲しみを見ているような。 そんな一日。 そして、東京の夜が更ける。 おじさんの俳句こちら https://musinandanikki.at.webry.info/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんはふらりと

日曜日。 昨日は、とんでもない天気だったけれど。 今日は午後には晴れ間が出てきた。 特に何も計画していなかったし、この天気はもったいない。 そう思ったら、家にじっとしていられなくなった。 昼飯を食ってから、ぶらりとひとりで自転車で出かけた。 朝、肌寒さを感じたが、急に気温が上がっている状況。 それでもさわやか。 こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんパエリアで

雨風が強い。 まるで台風みたいだ。 予報でこういう天気になるとは言っていたから、大人しくしておこうとしていたが。 熊本地震の前振が二年前の今日。 まだまだ周囲は完全に元に戻った感じはない。 災害復旧は時間を要する。 余震はめっきりとなくなったが。 記憶からは消えない。 去年も同じことを書いたかもしれないが、この日は僕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんも三月に入る

三月。 昨夜から未明にかけて、九州は春の嵐。 雨はそこまで強くなかったが、風がすごかった。 季節の変わり目。 すんなりと移行してはくれなかった。 それでも、人間は着々と季節を進めていく。 気がつけば三月。 明後日はひな祭り。 節分もろくに意識しなかったが、こうしてみると、季節を先駆け、または追ってイベントを人間は昔か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん二月は雲隠れしていた

なんと二月はあっという間に過ぎる。 ここにきて、季節はぐんと進んだ感じ。 春めいてきた。 今年の冬は本当に寒かった。 一月に罹ったインフルエンザは、けっこう体にこたえた。 気力を奪われて、なかなか元に戻らない。 今でもその後遺症かもしれないが、文章ひとつ書くのも億劫で、四苦八苦している今日この頃。 平昌オリンピックもも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん2018年賀

2018年明けました。 今年もこのブログは続いていきます。 ブログタイトルもいつまでおじさんで通せるかは疑問ですが、年齢だけ嵩んで。 苦情が来るまでは、おじさん日記で。 ブログも続くときもあれば、停滞もあり。 ここに来てくれる人がいる限り、続けていけたら。 そして、みんなにとって、良い一年のスタートになりますように。 宙虫…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おじさんは今から東京、そして熱海へ

10月27日。 朝から荷造りをした。 この青空のもと、東京へゆく。 この一週間、ほんとに気分が落ち込む事ばかり。 いまだ引きずっている。 総選挙で与党が圧勝! 気分はドン引き。 希望の党の出現から、怪しかった雲ゆきはドン曇りで、台風まできた。 台風の影響はこちらはまったくなかったが、選挙の開票速報ばかりで、実際、全国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん台風が通過中

9月17日。 午前11時半。 大型の台風がまもなく鹿児島県に上陸。 なんともゆっくりとした台風だ。 昨日はほとんど雨も降らなかった熊本市内。 朝早々に緊急用の食料を買い込んで家にじっとしていたのに。 1日半。 もったいなかった感じ。 朝から家の前の道路を通る車はほとんどない。 朝からぼづぽつと降っていた雨がここにき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん、こんな世の中はきらいだ!

八月七日。 月曜日。 台風5号は、熊本県にはさほど影響を与えることなく、東へ向かっていった。 これから台風が迫ってくる地方の方々、油断することなく備えを。 それにしても、遅い台風だし、いつまでも台風のまま。 仕事の行き帰りなどで、ネットニュースをみていると、やたらと有名人の不倫のニュースばかり。 どうにも納得ができない。 良いことが悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの俳句の行く末

暑い。 本当になんと言っていいか。 この暑さはいろいろやる気を奪っていく。 外に出かけようかとこの思っていても、暑いからとぐずぐず思案しているうちに本当にもっと暑くなる。 ならば本でもと思って開くとそのまま文字を追うこともなく睡魔が。 エアコンがだんだん効かなくなって。 暑い。 通勤は手慣れたからすうりの花 宙虫 長い間、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんテレビがこわれちゃった

何年使ってきただろう。 十年近くになる。 32型のテレビがこわれてしまった。 修理をすることは念頭になく、さっさと買い換えることに。 それにしても、去年の熊本地震にも耐えてきたこのテレビ。 四月十四日の前震のときは、カープの中継を映していた。 前後に激しく揺れる画面を見つめていた記憶が鮮明に残っている。 真っ赤なカープのユニフォームの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの七月そして三連休!

七月十五日。 奥さんの実家は七月盆。 だから、墓参りに行く。 毎朝、にがうりの成長具合を見るのが楽しみ。 毎年、緑のカーテンにするために植えている。 ここ二年は、蛾の幼虫が発生し、葉っぱや実を食ったりしてなかなか収穫が出来ないのだが、今年は順調。 地震からこっち、日照りもあって、庭の雑草の伸びかたも遅いような気がする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん墓参り

七月十五日。盆。 このあたりは七月。 妻の実家もそうだ。 だから、墓参りにやってきた。 今年は空梅雨だとか言っていたら、突然の台風、そして突然の大雨。 甚大な被害を福岡県筑後地方や大分県西部にもたらした。 幸い、熊本市内はたいしたことなく、降るには降ったという感じだ。 しかし、五年前の九州北部水害の時のことを思い出す。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん初夏を見て歩く

5月。 連休もラスト。 6日は、天気予報は雨の予報だったので、うろうろするのはやめた。 溜まっていた俳句関係の整理や投句をまとめてする。 妻と昼はランチをとイタリアンに。 スパゲティとピザ。 久しぶりに食べたいと思った。 午後はそのまま食品の買い出しに。 この連休の間に季節は夏へ向かう様相を見せている。 7日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん精密検査

2日。 5月になった。 休みをとって、本来なら6連休と楽しみたいところだが、その初日は人間ドックで引っかかっていた件で、大腸内視鏡を受ける。 もう20年くらい前に受けたきりかもしれない。 悪い結果になれば、残りの連休は暗転。 でも、ほぼ1日がかりの検査。 昨日の夜下剤を飲んで、朝から絶食。 とにかく午前中は腸の中をきれ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おじさん野草を摘みに

土曜日。 今日は久々に天気がいい。 妻がおにぎりを作ってくれたので一緒に河川敷へ。 野草を摘みにやってきた。 セリが採れた。 地震のあった去年はこうやって野草を摘みに来ることはなかった。 あちこちの道が通れなかったし、河川は特に堤防が沈んだりしていたから。 セリを摘んでいる時、ゴーッとジェット機の音がやけにする。 下ばかり見ているの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more