テーマ:映画

おじさんシネマ(カメラを止めるな!)

公式サイト http://kametome.net/index.html 予告編 https://youtu.be/3ZA9TO3ya7w ストーリー とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス)

公式サイト http://gaga.ne.jp/buenavista-adios/ ストーリー 鮮やかな幕引き。終わらない伝説の始まり── 「バンドの始まりは?」と聞かれて、「50年代のキューバの大物ミュージシャンを集めたビッグバンドだ。それにライ・クーダーが乗ってくれた」と答える、レコードプロデューサーのニック・ゴールド。19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー)

公式サイト http://mammamiamovie.jp/ 全編ABBAの曲で構成されたミュージカル「マンマ・ミーア!」の続編。 ★ストーリー  エーゲ海に浮かぶギリシャの美しい島“カロカイリ島”。ソフィは母ドナとの夢だった新築ホテルをついに完成させ、それを祝うオープニング・パーティの準備に奔走していた。しかし夢を叶えた一方で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ〈ビューティフル・デイ)

公式サイト http://beautifulday-movie.com/info/top あらすじ 元軍人の主人公ジョーは、人身売買などの裏社会の闇に堕ちて行方不明になった少女たちの捜索と奪還を請け負うスペシャリスト。年老いた母親と静かな生活を送る一方、長年のトラウマに苛まれる彼の心中にはつねに不安が渦巻いている。そん なジョーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(バーフバリ 伝説誕生)

★あらすじ 巨大な滝の下で育った青年シヴドゥは、滝の上の世界に興味を持ち、ある日滝の上へとたどり着く。そこでシヴドゥは美しい女戦士アヴァンティカと出会い、恋に落ちる。彼女の一族が暴君バラーラデーヴァの統治する王国との戦いを続けていることを知ったシヴドゥは、戦士となって王国へと乗り込んで行く。そこでシヴドゥは、25年もの間幽閉さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(ラブレス)

公式サイト http://loveless-movie.jp/info/?page_id=5 あらすじ★★★ 一流企業で働くボリスと美容サロンを経営するジェーニャの夫婦。ふたりは離婚協議中で、家族で住んでいるマンションも売りに出そうとしている。言い争いのたえないふたりは、12歳の息子、アレクセイをどちらが引き取るのかで、激…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんじゃないけど映画エキストラ体験記

https://blog.goo.ne.jp/sotoyan_1958/e/46c9af9c0b46e0909c8c5f55f3af9685 ↑こちらのブログをどうぞ。 映画のエキストラ出演の話。 もちろん僕ではない。 僕なら、手と足と目と口とセリフとみんな一緒に演技するなんて考えられない。 それを無事にやりきった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(ダンガル きっと、つよくなる)

公式サイト http://gaga.ne.jp/dangal/ あらすじ レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(女は二度決断する)

公式サイト http://www.bitters.co.jp/ketsudan/sp/ ストーリー http://www.bitters.co.jp/ketsudan/sp/story.html ドイツ、ハンブルグ。カティヤはトルコ系移民のヌーリと結婚し、息子ロッコも生まれ幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア)

公式サイト http://www.finefilms.co.jp/deer/ ストーリー 心臓外科医スティーブンは、美しい妻と健康な二人の子供に恵まれ郊外の豪邸に暮らしていた。スティーブンには、もう一人、時どき会っている少年マーティンがいた。マーティンの父はすでに亡くなっており、スティーブンは彼に腕時計をプレゼントした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(スリー・ビルボード)

スリー・ビルボード公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/threebillboards/ ストーリー ★★★ アメリカはミズーリ州の田舎町エビング。さびれた道路に立ち並ぶ、忘れ去られた3枚の広告看板に、ある日突然メッセージが現れる。──それは、7カ月前に娘を殺されたミルドレッド・ヘイズ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(トレイン・ミッション)

日曜の夜。 なんだか物足りない一日だったので、映画にふらりと出かけた。 久々にレイトショー。 21:30の回。 眠らないように、映画館に行く前にひと眠りしていたので、なんとかがんばって観ることができた。 映画 「トレイン・ミッション」公式サイト http://gaga.ne.jp/trainmission/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(ゆれる人魚)

なんともへんてこなポーランド映画。 好きか嫌いかと判定もできない。 映像も登場人物もストーリーもなんでこうなるの? びっくりの映画。 「ゆれる人魚」公式サイト http://www.yureru-ningyo.jp/ ストーリー 1980年代のポーランド・ワルシャワで、人間たちを捕食して生きる美しい人魚姉妹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(バーフバリ~王の凱旋~)

予告を見ただけでもわくわくする。 驚異のエンターテインメント映画。 なんとでも言え! てんこ盛りの大河アクションファンタジー超大作!!!! 開いた口がふさがらない面白さ。 そう、ボリウッド。 ますますインド映画がすごいことになっている。 バーフバリ~王の凱旋~ 公式サイト(予告動画も) http://baahubali-movie.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(笑う故郷)

公式サイト http://www.waraukokyo.com/ ストーリー それはノーベル賞受賞作家の40年ぶりの帰郷から始まった アルゼンチン出身のノーベル賞作家ダニエルは、故郷の田舎町サラスからの招待を受け、40年ぶりに遥々スペインから帰郷する。国際的文化人ダニエルの帰郷に沸き上がるサラス。懐かしい故郷は、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

おじさんシネマ(ゲット・アウト)

公式サイト http://getout.jp/ ストーリー ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。 若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。 その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(ノクターナル・アニマルズ)

公式サイト http://www.nocturnalanimals.jp/sp/index.html ストーリー スーザン(エイミー・アダムス)はアートギャラリーのオーナー。夫ハットン(アーミー・ハマー)とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワード(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(婚約者の友人)

公式サイト http://frantz-movie.com/ ストーリー 1919年、戦後のドイツ。愛する人の墓の前で泣いていた見知らぬ男。彼の正体が明かされた時、新たな謎の扉が開く── 1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツを亡くし悲しみの日々を送っていたアンナは、ある日、フランツの墓に花を手向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(幸せなひとりぼっち〕

「幸せなひとりぼっち」予告編。 http://hitori-movie.com/ 笑いながら、気がつくとボロボロ泣けてきて。 静かなストーリー展開ながら、心はけっごう激しく揺さぶられていたに違いない。 自分の決めたルールで全てのものが動いていないとダメな男オーヴェ。 60手前。 いつも鬼瓦のような顔をして、自分の住む住宅地内をパト…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おじさんシネマ(淵に立つ)

土曜日。 朝のうちはちょっと俳句関係の整理。 午後は映画と決めていた。 夫婦で出かけた。 チケット購入の際、妻が二人ともシニア割引と伝えていた。 あ、もう夫婦50割引を使わなくても良くなったのか。 って、もう一年たったのに、今頃気づいている。 淵に立つ http://fuchi-movie.com/ 町工場をひとりの男が訪ねてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(ロボジー)

ロボジー 淡々と進むコメディー映画。 どこか懐かしい画像。 スペクタクルに展開すればできる話をごく普通の世界に引き戻してしまう。 そこに生まれる笑いとちょっと切ない話がミックスされて。 「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」の監督、矢口史靖監督の映画。 テレビで流れる予告編で見せられたシーンが多々あるので、笑いのツボ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(宇宙人ポール)

宇宙人ポール 何ともおかしくて、切なくて、暖かい映画。 宇宙人とアメリカへやってきた漫画オタクのふたりのイギリス男性ふたりのロードムービー。 SFでもあり、アクション映画でもあり、けっこう派手な爆発シーンもあるし。 けれど、この宇宙人ブラックでせりふ回しが好き日のアメリカテレビコメディーのような。 奥さまは魔女みたいな。 本…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

おじさんシネマ(家族の庭)

家族の庭 イギリス映画。 この映画の監督はマイク・リー。 何気ない日常の姿を切り取りながら。 人間関係のずれを描いていく。 何か悪意があるというわけではない。 気持ちがすれ違う。 けれど、ここに来なければ「家族」の輪の中にいられない。 いらいらするけれど、どこかすごく日常で。 誰も傷つくことなく、笑っていられることなん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(明日のパスタはアルデンテ)

明日のパスタはアルデンテ イタリア映画。 イタリアといえば、ゴッドファーザー。 あのファミリーの感覚。 この映画の基本はそのファミリー。 分厚い家族のきずなに異質なものが入り込んできたらどうなるのか? はたまたそのファミリーのきずなをつなぐために押し隠しているものは何なのか? デフォルメされた登場人物たちが生き生きとしてい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

おじさんシネマ(幸せパズル)

幸せパズル アルゼンチン映画。 なんともやさしい映画だ。 声高ではないが。 何不自由ないと思っている生活。 ある日出会ったジグソーパズルにはまった主婦。 彼女はそのジグソーにすごい才能を持っていた。 今までの家族中心だった生活の時間にパズルの時間が割り込んでくる。 そして、彼女の時間はパズルに奪われていく。 家族のだれ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(ハラがコレなんで)

ハラがコレなんで 石井裕也監督。 究極の設定から産み出す底力。 ごく普通の主人公が底知れぬパワーを見せる。 といって世の中が大きく動くわけではないけれど。 接するものたちに力を与えていく。 それが、貧乏どん底の妊婦というわけ。 こりゃまたすごい。 光子は妊婦。 ひとりで子供を産もうとしているが、財布の中身は300円。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(未来を生きる君たちへ)

未来を生きる君たちへ デンマーク映画。 かなり衝撃的な内容の映画。 少年ふたりとそれに絡まる親たちの話。 登場人物が多いわけではないが、それぞれの親子関係や少年同士の関係やクラスメートとの関係や親たちの夫婦関係さらにアフリカ難民キャンプでの話までかなり複雑に心理的布石が敷かれていて複雑な展開をする。 少年エリアスはクラスでいじ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(ブラック・サンデー)

春午前10時の映画祭「青の50本」 ブラック・サンデー 1977年のアメリカ映画。 日本では当時公開中止となって未公開となっていたもの。 午前十時の映画祭でいま全国で公開されている。 熊本では去年上映された。 今ごろになってやっと書き込んでいる。 この映画はテロ集団「黒い九月」とイスラエル特殊部隊との戦いを描いたもの。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(リアル・スティール)

リアル・スティール 2011年も押し詰まった。 12月になって映画に一本も行っていなかった。 ふと用事を済ませて時間が空いたから映画に行こうとシネコンへ。 ちょうど時間が合ったのがこの映画だ。 今年の映画はこれで終わりということになる。 さして期待はしていなかったが、そういう気楽さからかかなり面白い映画だった。 一応、対戦…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

おじさんシネマ(ダンシング・チャップリン)

ダンシング・チャップリン この映画の評価は難しい。 いわゆるドキュメンタリーなのだが。 草刈民代を撮影する夫の周防監督。 この構図が素直に見る目線をずらせてしまったのだろうか? のめりこめないものを感じてしまった。 草刈に対する目線はどこか愛という言葉が似合うような。 べったりしたものに見えてしまうのだ。 そういう意味で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more