テーマ:50代以上のblog

おじさん日暮れの南阿蘇

5月13日。 土曜日。 大分での祝う会から帰る途中。 午後6時ごろ。 熊本県の高森町から南阿蘇村を通る。 ちょうど西日が強くなり、太陽が沈み始めた。 朝、ここを通ったとき、植えられていた水田にオレンジ色の太陽が映る。 時々こういう光景に出くわすと、ノスタルジックに誘われてしまう。 子供の頃の記憶なのだろうか? 取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん初夏を見て歩く

5月。 連休もラスト。 6日は、天気予報は雨の予報だったので、うろうろするのはやめた。 溜まっていた俳句関係の整理や投句をまとめてする。 妻と昼はランチをとイタリアンに。 スパゲティとピザ。 久しぶりに食べたいと思った。 午後はそのまま食品の買い出しに。 この連休の間に季節は夏へ向かう様相を見せている。 7日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんは故郷の紅葉を見る

11月17日。 仕事で立ち寄った大分県竹田市。 しょっちゅう帰っているわが故郷。 そろそろ紅葉が始まっている。 洗竹窓跡の紅葉のそばを通った。 この楓が見事で、いつも見とれてしまう。 まだ完全に真っ赤ではないが、充分に鮮やか。 竹田は本当に紅葉がきれいなところだ。 あちこちで。 これはつい最近気づいたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんは家入レオのライブへ行く

11月19日。 土曜日。 この日は夜、福岡サンパレスで家入レオのライブ。 朝から、雷雨。 1日、福岡の街で時間をつぶそうと思っていたので、朝9時の新幹線で熊本駅から出発した。 午前10時前、博多駅に到着。 雨はあがって心配なくなったようだ。 大きな店はまだ開店前。 入ったことのないKITTEに立ち寄る。 ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん草枕の道を3

峠の茶屋資料館からやってきた。 こちら、もうひとつの峠の茶屋跡地。 野出の峠の茶屋跡地。 周りはみかん畑。 ちょうど農薬散布中。 ちっちゃいみかんが実っているのが見える。 小さな広場があって展望台になっている。 くちなしが香る。 有明海。 そして天水方面の干拓地が見える。 残念ながら、遠望がきかなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん刻々と雪

熊本市内に昨夜からちらつき始めた雪。 すごい寒波がやってくるということで、構えていたが明け方まではちょっと積もって消えていった。 積もり始めたのは明けてから。 さらさらの雪が水を含んで大きくなってきてから。 たいして風もなく。 静かに積もっていく。 アスファルトのうえはとけているようだが土やコンクリートの上はうっすら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんは気まぐれな冬に

日曜日。 柳川を散歩して、帰りの道の駅みやま。 コーヒーとクッキーでひと休み。 でも、あったかい日だった。 もともとはこの前とみやま市内にある清水山日曜日でも行こうと思っていたが、流れで柳川に行ってしまった。 まだ日暮れまでは時間があるので、再度清水公園を目指す。 まだまだ紅葉は残っていたので、観光客はけっこういた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの今ごろの紅葉

金曜日。 熊本県菊池市。 温泉に行く途中で菊池公園の紅葉がなかなかきれいだったので、帰りに立ち寄った。 今ごろこんな色にと思ったのだ。 と言っても真っ赤や真っ黄色といった色ではなくて色のインパクトが薄い紅葉だ。 熊本市内でも紅葉はしたのかどうかも記憶にないのに気がつく。 それでも散策してみるときれいなのは変わりない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん温泉を目指すと

金曜日。 今日は一日休みをとった。 朝から俳句の投句締め切りやら整理する。 毎月のことながら何回してきたことだろう。 僕はたかだか15年。 今はパソコンなどで簡単に整理ができるので書くことはあまりしない。 不思議なことに結社誌などの投句に関しては書く作業がいる。 句帖などを持っているひとはそれに向かって書き続けているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの不安

熊本県津奈木町の舞鶴城公園の重盤岩の写真。 週の始まりはこんな青空だったが、週末は雨や曇り。 冬の気分にはなるが、急に気温があがったりさがったり。 エルニーニョ。 温暖化。 毎度のことながら。 自分も世界の中の一員とはわかっているが、もどかしいばかり。 このところのニュースは判で捺したようなものが多くてうんざりする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん久々な連句

連句会に誘われた。 ほんとに久しぶりだ。 福岡県の広川町古墳資料館にて。 机に向かって、1日を過ごす。 雨の予報もあったが大して降ることもなかったが、青空も見ることはなかった。 ここの銀杏はきれいなのだそうだが、未だ完全な黄落とはいかず、まだまた緑が目立っている。 反面、水仙の花が咲いていたり。 季節感がバラバラな感じ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おじさんの道が見えるかな

一週間前に外食で食べた釜飯の定食。 しらすと海老の釜飯だった。 先々週の末にぎっくり腰で寝込んでいた奥さまの容体が良くなってきたので家族で食べに出かけた。 奥様が寝込んでいるのに、その間、大分の俳句大会や出張でほとんど家にいなかった。 こうやってなんとか普通に歩いている姿を見るとほっとする。 来月12月になるとこの私も60…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん紅葉に遅れて4

11月23日。 大分県玖珠町。 裏耶馬溪から角牟礼城趾をめぐって、ここまでやってきた。 午後4時をまわって、日暮れの早さを感じる。 今日はここが最後だ。 三島公園。 そのなかの旧来島庭園。 駆け足でまわる。 ところがここは山の周辺に城を模した庭になっていて、登らなくてはならない。 まずは藩主御殿庭園。 小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん紅葉に遅れて3

11月23日。 大分県玖珠町。 午後3時を過ぎた。 鶴ケ原の景から池の尾の景に移動。 なんどかこの景の前を通ったことはあるが、立ち止まったことはなかった。 ため池と道路をはさんだ景だ。 ここにも磨崖仏などがありそうな看板が。 岩に近づいてみたが、はっきりとはわからない。 ただお参りされている様子はある。 耶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん紅葉に遅れて2

11月23日。 長者原から夢吊り橋、九酔渓を通って大分県玖珠町の鶴ケ原の景へやってきた。 夢を吊り橋も九酔渓も駐車場はいっぱい。 連休だ。 しかし、渋滞を起こすこともなく無事に通過できた。 やってきた鶴が原の景の入り口。 この看板のある駐車場から徒歩10分通ってある。 舗装されている道があるし、離合が大変かもしれないが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんは紅葉に遅れて

11月23日。 休日。 三連休のうち二日を家でぼやぼやと過ごした。 天気のせいか頭が重くて、行動する気にならなかったのもあるが。 この日はひとりでドライブに出た。 熊本市内は曇り。 阿蘇の外輪山にやってくると阿蘇は深い霧のなか。 実は北側の外輪山から向こうは青空が見える。 九州横断道路に出ると阿蘇から湧き上がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんが文集のなかで

送られてきた。 先日の小学校のクラス会で出てきた小学校5年生のときのクラスの文集が二冊。 幹事がコピーしてくれたもの。 5年生の自分だからたいしたことは書いていないが。 その一冊のなかの文章がこれ。 なんだこりゃ。 短すぎ。 なのである。 もう一冊は読書感想文を書いていて。 フランクリンの伝記を読んだみたいで。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん出張の夜

11月16日から宮崎県の北部に出張。 初日は晴れてはいたが、けっこう暑かった。 本当に今年の秋から冬にかけてこの気候。 どうなっているんだろう? あの10月の寒かった日々が嘘のように毎日最高気温が25度に近い。 この日もやはり昼間は暖かい。 宮崎県の高千穂や延岡で仕事を済ませた。 二日目の夜。 日向に泊まる。 ホテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの夜の街(九州地区現代俳句協会にもちょっと触れる)

大分市の都町。 もう、ここを歩かなくなって10年以上。 11月14日。 土曜日の夜、歩いた。 歩いただけだが。 もう12時を過ぎていたので人通りも少なめだった。 このごろ熊本の夜の街もなかなか歩かなくなった。 歩くたびに街の様相が変わっていく。 10年は大きかった。 通りのかたちは変わっていないが、店はことごとく入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんは聖飢魔Ⅱの黒ミサへゆく2

久留米のくるめ街なか音楽祭を楽しんで午後3時。 車を西鉄駅前に置いて福岡へ西鉄電車で向かう。 夕方5時半からの開演。 1時間前に福岡サンパレスに着いた。 おっとのぼりが。 そうか、この日は大相撲九州場所の初日。 会場の福岡国際センターは華やかになっていた。 で、聖飢魔Ⅱの方は隣のサンパレスにて。 たくさんのひとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんは大分市へ

11月7日土曜日。 この日は大分市内へ出かける。 紅葉の下りてくる南阿蘇を通って。 いつも通る国道57号線は避けた。 高森町を通りながら、阿蘇五岳を眺める。 夜には雨になるという予報だが青空も見えていた。 根子岳を撮影してみた。 紅葉は着実に下りてきている。 この根子岳の裾野をくるっと回って波野高原へ回る。 J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんは聖飢魔Ⅱの黒ミサへゆく

11月8日。 日曜日。 今日の夜は福岡で聖飢魔Ⅱの復活ミサ。 今日と12月にもう一度あるのだが。 日程の都合上、この日だけ観に行くことにした。 日曜日の夜だし、昼間はどこかに立ち寄って行こうとしたが、あいにく1日雨の予報。 じゃあ、久留米でもとやってきた西鉄久留米駅前。 熊本市内から車でやってきてここから西鉄電車で天神…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おじさんが行くやまくにかかしワールド2

11月3日。 大分県中津市のやまくにかかしワールドの続き。 マップを片手に各会場をまわる。 全部で16箇所。 最初の方は車で移動。 順番を追ってくると、やがて会場は山国の中心地へと。 ここからは各会場へと徒歩となる。 けっこうひとが歩いている。 会場のほかにも町のいたるところにいるかかし。 これなんか勘違いしそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんが行くやまくにかかしワールド

朝7時に熊本市内を出発。 今朝はかなり冷えていた。 熊本市内にもうっすら霧が出ていた。 九州自動車道を北上していくとところどころ霧が流れている。 熊本県内では濃くなることはなかったが、大分道に入って、日田に入るとかなり濃くなった。 交通に影響はないほどの霧で安心。 今日は日田から中津市の山国へ向かう。 やまくにかかしワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん五木の紅葉2

10月31日。 土曜日の五木へのドライブの続き。 白滝公園から五木村の中心地である頭地にやってきた。 このあたりは紅葉はまだまだだった。 ちょっとだけ道の駅を散策して、五木村をぐるっとまわることに。 まずは宮園の大イチョウ。 まだ色がうっすらの状況。 これからだろう。 子別峠を目指して五家荘へ向けて走っていると。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん五木の紅葉

今日は熊本県五木村へやってきた。 少し紅葉には早いが、ところどころ赤くなっている。 白滝公園。 ちょうど12時に着いた。 混雑もなくスムーズに来ることができた。 この奥の方にあたる八代市の泉の五箇荘あたりは紅葉真っ盛りのようで人出がすごいのではないかと想像する。 しばらくぶりにやってきた白滝公園。 きれいに整備され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん甘いものを

久しぶりに。 蛤志るこ。 大分県中津市の銘菓。 この前、道の駅なかつで買ってきていたもの。 抹茶と小豆と二種類ある。 上の画像は抹茶だが、小豆の方を食べた。 袋を破ると、子供の手のひらくらいある蛤型の最中が出てくる。 それをお椀に。 最中に箸で穴を開けて、お湯を注ぐ。 これからがゆるーいお楽しみ。 お湯を注ぐと最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん山歩き(暮雨の滝~坊がつる~大戸越)

10月25日。 日曜日。 紅葉を見に九重にやってきた。 8時にはあちこちの駐車場は車がいっぱい。 多分紅葉は山の中腹までおりてきていて山頂あたりはもう落ちているような感じ。 たぶん、そこまで車の多くないであろう吉部登山口を目指す。 有料300円の駐車場に車をとめた。 今年の9月にきたときはガラガラだった駐車場だが、あき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん東京散歩7

11月20日。 火曜日。 六郷土手駅からひと駅。 京急の雑色駅に帰ってきた。 商店街は下町らしい通り。 昔懐かしい通りだ。 店をチェックしている暇はないのでアーケードを歩いて引き返し荷物を預けてあったホテルまで帰った。 ちょうど昼前。 駅のそばで昼食をとって羽田空港へ向かうことに。 東京下町めぐりという感じの四日間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん散歩6

11月20日。 火曜日。 雑色のカナーンホテルで目覚めた。 小さなアットホームなホテル。 今日で休暇は終わる。 午後の便で空路熊本へ帰る。 それまでこの周辺を歩くことにしていた。 朝食を済ませてチェックアウトの際に荷物預かってもらえるということだったので言葉に甘えて身軽なスタイルで歩き出した。 水門通り商店街を六郷水…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more