テーマ:ありがとう

おじさんからよろしゅうに

「拙句の俳誌掲載句」について そろそろ出る頃じゃないかと思ってたら。 犬親父の名じゃなかったんだ。 えらくかわいいお名前で。(てっきり犬親父かと・・・・。) 妙にいろっぽい句がそろいましたね。 こりゃまた。 これからもがんばってくだされ。 楽しみにしてまっせ。 おいらは不調続きだけれど。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの靴下

今日も青空。 昼休みにいつもの公園で弁当を広げた。 日差しはいつの間にか避けるようになっていた。 木陰に腰をおろして。 食事をさっさと終えるが、ふっと気がつく。 頭上の桜の葉陰が濃くなっていることに。 もう、新緑といえる時期ではなくなっているのだ。 あの柔らかだった桜の葉の緑が濃くなって、日差しを通さなくなっていたのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんが書いた書評

暑い。 熊本はここしばらく30度近い最高気温。 今日も午後からぐんぐん気温があがって。 やってられない。 しかし、ひとつ頼まれ原稿があり、なんとかせねばと、原稿用紙に向かう。 枚数は400字詰め原稿用紙1枚。 たいしたことはない字数であるが。 たかをくくっていた。 渡された某氏の句集。 ご本人を存じあげないため、なんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんのきまま

「「おじさんが背中を押そう」について」について いよいよだね。 いってらっしゃい。 字あまりなどの話は、結社というより、俳人それぞれに考え方が違うんで、簡単には話せないかな・・。 ただ、やはりリズムや流れにのれば少々字あまりしても大丈夫。 簡単に言えば、言葉に無理がないように、構成していくことが大切だと思うよ。 つまり、犬親父…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

おじさんが背中を押そう

「「おじさんの思うところ」について」について ああ、そうだったんだ。 自由律ですか・・・。 それはそれで、かまわない世界だと思うんだけれど。 つまり、俳句というものに対する既成概念がある限り、なかなか飛び込めないものかもしれないね。 今の僕は、少々の字あまりや字足らずについては、抵抗ないけれど。 最初は、確かに戸惑ったもんだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの師匠だって

「「おじさんはやっぱり」について」について 俳句は、やはり吟行が大切なのかもしれないけど。 でも、実際はそんななんもかも吟行で出来上がる句ばかりではないと思う。 日常のなかのものにどんなことを感じているかということとか。 言葉をうまく働かせることができるかということとか。 吟行に頼ってばかりではなかなかうまくいかないのだけど。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おじさんはやっぱり

「「おじさんのありがとう」について」について 桜がちらほら、今年はほんとに遅い。 もう、三月も終わるのにね。 でも、少しずつ開いてゆく桜を見ているのもいいのかも。 けっして、四月が楽しいわけでもないが。 桜が特別好きでもないが。 やはり、日本人のはしくれなのか。 やっぱり、桜満開のときの空を考えてしまう。 こんなぼんやりし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おじさんのありがとう

僕のまわりの桜は。 まだ咲き出していない。 でも、きっと今晩眠って明日の朝には、ちらほらと桜を見ることになるんだろう。 ほんとうに桜は、目につくと、あっという間に。 桜の世界にしてしまうから、すごいなと思う。 日本人の気持ちの中に桜があるのもよくわかる。 ひとつのイベントとして、花見があって。 まだ、開いていもしない桜の下…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

おじさんにすごい誤解を・・・・。

「「「主宰よりメッセージ有り」について」について」について HPみてくれてありがとう。 なかなか更新はできないけれど。 これもやる気の問題なんでしょう。 日記としてのブログばかり更新する毎日です。 あ、役員の話は少し誤解があるかも。 すごい俳人はちょっと認識かえてもらって。 どこにでも転がっている俳人程度の気持ちで。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

おじさん原稿用紙に苦戦

雪が朝から舞っていた。 ときどき雲が切れて晴れ間がのぞくが、また次にはちらちらと雪。 本当に寒い。 こういった日は、ちょっと原稿用紙に向かって、俳句をまとめて、20句用意しようと。 ○○賞と名のつくものに応募してみようかと。 机の中の原稿用紙を取り出した。 随分使っていない。 そういえば・・・・。 ここしばらくパソコンで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「今日は父の命日」について

「今日は父の命日」について こちらこそ、突然余計なこと口にしたんじゃないかと思ったんですが。 がんばってくださいね。 題材というのは、どこでもころがっているもの。 そう、思っているのですが・・・・。 自分の目や耳や五感をフルに使ってみたいといつも思っているのですが・・・。 やはり、何も働かないことはしばしば。 そうそう。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more