おじさんの俳句(八月六日の樹)

IMG_4541.JPG

平成30年度後期巻頭作家特別作品として10句のっけてもらった。

八月六日の樹      


植木屋が来る青梅雨の役場あと

紙飛行機の折り目合わない梅雨荒れて

六月の街で小骨が抜ける音

合歓の花木星だけは指させる

礼文に行こう胸ポケットのサングラス

七夕の空に湿気ったポプコーン

青空と巻き爪街のソーダ水

サンダルが脱げて宇宙へ踏み出せぬ

蝉の一生僕の一生量り売る

吹き返しの街に八月六日の樹

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ぼん
2019年11月03日 20:42
今日久しぶりに連句会をし、半歌仙を巻きました。
乙四郎さんも家族とともに、少しだけ参加されました。
ほとんどがおしゃべりになってしまい、ま、いつものことですけどね。俳句はできないけど、連句はできました。(笑)

次回はご一緒できるといいですね。