おじさん西原天気句集「けむり」を読む

きらきらと仏間をよぎる金魚かな  西原天気

こんな句が目にとまった。
金魚が仏間をよぎるとは。
衝撃とはならず肩すかしを食うような展開。
この句を読みながら、頭に浮かぶのは。
金子兜太の

梅咲いて庭中に青鮫が来ている

もちろん全然景色も緊張感も違う。
しかし、日常の中に魚類が登場する場所がすごく興味深い。
仏間という独特の空間。
金魚。
赤い金魚に違いない。
仏間の重い空気を泳ぐ赤い金魚。
その空気をきらきらさせて。
あるのかないのか。
こういう景色を無理に作り出す必要は読者にはない。
見えたものが読者の世界なんだろうと思う。
不思議な世界ながらほっとする景色でもある。
なにせ、金魚、鮫じゃないからだ。







2011年版「宙虫の俳句」公開しています。
http://musinandanikki.at.webry.info/201111/article_26.html




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村



★★★(こんなところに出入りしています。)
(小旅行のレポート中)
http://hw02.blogspot.com/search/label/NakayamaSoran


小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://8620.teacup.com/mugi0000/bbs?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック