おじさんと熊本県

外で飲んだくれていたときに電話が家にあった。
妻からメールで、僕の句が熊本市賞にはいったので、熊本県現代俳句協会の大会に参加しないかという。
なんのことだ?
酔っていて、わかったようなわからないような・・・・。
後日、電話してみた。
大会の要領などは全然わかっていない。
で、熊本に在住していながら、本部会員の籍は大分県。
投句用紙が送られてきたので、投句した。
というわけで、ほとんど「霏霏」以外の熊本県の俳人たちと接することなどないので。
参加することにしたのである。
賞状ももらえるみたいだし。
でも、受賞句ってなんだろう?
その前に、どの句を投句したんだろう?

昨日の日曜日、大会には、40人か50人か。
女性がどーっといる会場。
ここも女性上位の。
いまや俳句は女性で動いているといって過言ではないと実感。
この会場で、顔見知りは、当然、霏霏の主宰「星永文夫」先生ひとり。
あとは、「宙虫」を「そらむ」さんと呼ぶひとたち。
みんなに「そらん」です。と答えながら。
「きっと鉄腕アトムの妹からつけたんじゃないの?」
「それはウランです。」
あちこちでこの質問に出会う。
この名前はけっこうインパクトありそう。
覚えてもらうには有効のよう。

でも、みなさんどこで僕のことを?
もちろん霏霏の同人のひとたちには、わかることだけれど。
雑誌「九州俳句」の名前が出た。
そうか。
僕も、ここにいる数人の名前は、九州俳句で知っている。
僕の俳句も一人歩きしていることを実感する。
そういうわけで、すんなり受け入れてもらえたよう。

大会で、賞状をもらった。
「熊本市長賞」。
ありがとうございました。
選をいれていただいた選者のみなさんに感謝。
これでまた、へなちょこ俳句を作り続けていく元気が出てきた。
大会のあとの懇親会も盛り上がった。
この飲み会を目的にきているような人もたくさん。
ま、俳人とはそういうものでしょう。(なんという感想。)

なお、受賞の句は。

木製の玩具の音がする八月  宙虫

八月が今となってはあざとかったかな?と反省しているけれど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 朗報! 宙虫さん熊本市長賞

    Excerpt: つい先日、宙虫(そらん、と読む)さんのことを取り上げたが、朗報ざんす。 熊本市長賞受賞とのことで、宙虫さん自身の記事をどうぞ↓ http://musinandanikki.at.webry.inf.. Weblog: 俳句的日常 come rain or come shine racked: 2006-08-30 19:29
  • 英語俳句 『春の月』 『熊本城』

    Excerpt: Kumamoto Castle despite less attendance the spring moon 熊本城 人は減れども 春の月 Broken .. Weblog: 英語俳句 racked: 2009-04-08 22:28