おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさんまだまだ滝を

<<   作成日時 : 2017/08/01 07:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

7月30日。
日曜日。
大分県宇佐市院内町にやってきた。
玖珠から向かう。
このあたりは耶馬溪のはずれ。
奇岩が飛び出す山があちこち。
画像

秋にやってくるといいだろうな。
そう思いながら。
湧水があったのでくんでいく。
画像

画像

画像

画像

それにしても車は少なすぎる。
ときおり車とすれ違う程度。
この道は何十年ぶりだろうという感じ。
西椎屋の滝や岳切渓谷が近い。
おっと最近話題の場所にきた。
宇佐のマチュピチュ!
展望台ができ、駐車場やトイレがきれいに整備されている。
「宇佐の」と付けたネームングがなんともおかしい。
僕だけが喜んでいるのかもしれないが。
画像

本物のマチュピチュの写真もあったので見比べる。
画像

そしてもう一度。
画像

ただ眺めるだけのためにひとがやってきては去っていく。
それでも、なかなか面白いところに目をつけたものだ。
さて、いよいよ滝に。
ここから宇佐方面に向かうと「大飛の滝」というきれいな大きい看板がある。
おおとぶの滝と読むらしい。
もちろん、あまりこの滝の知識はないけれど、道があるのなら。
国道から3qほどと書いてある。
ちょっと後悔する。
次第に道が狭くなり、1qほどで集落が終わると、道は狭くなる。
路肩注意や離合場所この先50mやら落石注意やら。
さらに1qゆくと。
道が終わる。
そして駐車場もある。
画像

立派な看板も。
画像

車は一台もない。
やっぱりぼくひとり。
さて、滝へ。
画像

え?
ここから1.1km?
しかも、本当にこの林道を行かなくてはならないのか。
画像

半袖短パンでサンダルばき。
山歩きに慣れてない人にはちょっと辛いかも。
画像

ときどき見える奇岩や渓流。
そしてはしご。
画像

画像

画像
画像

画像

画像

画像

ゆるゆるとだが登っていく感じだ。
そして、ついにたどりづいた大飛の滝。
画像

画像

画像

誰ももちろんいない。
画像
画像

画像

画像

画像

それほど落差はないので、激しいしぶきはないし、風もなかったので穏やかな滝つぼ。
ときおり優しいしぶきがふわりと届いてくる。
それが気持ちいい。
道中で、けっこう汗をかいたのが、心地よく感じてくる。
ちょっと読書をしてみる。
画像

汗をかいたシャツは干して、足は滝つぼにつけて。
画像

時間をたつのを忘れてしまう。
こういう場所で本を読むのもまたいい。
なんだか没頭できる。
これもひとりきりだから。
画像

実はこの滝の上部は一枚岩の渓谷で有名な岳切渓谷。
渓谷ではキャンプや水遊びをしているファミリーなどがいっぱいだろうか?
渓谷を下流に歩くと、滝の落ち口がある。
何度か上からのぞいたが、下がこんな滝だったとは。
で、もちろん、時のたつのを忘れるが、腹は減る。
1時間ほどいて、引き返す。
途中で、ひとりの男性と出会う。
あとどれくらいと聞かれたので、まだ半分以上はと答えた。
頑張って行ってくるという彼を送る。
で、一歩進むとそこは駐車場。
半分どころではなかった。
バイクが一台とまっていた。
諦めずにたどり着いたかな?
とにかく昼食を。

そう、まだまだ続く。





俳句はこちら(収穫祭〕
http://s.webry.info/sp/musinandanikki.at.webry.info/201707/article_7.html



2016年の「宙虫の俳句」お立ち寄りください。
http://musinandanikki.at.webry.info/201612/article_5.html


小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://blog.goo.ne.jp/nakadayo2018


face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさんまだまだ滝を おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる