おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさんひとりだった

<<   作成日時 : 2017/07/23 07:35   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

七月十七日。
三連休の最後の日。
前の日に行けなかった宮崎県椎葉村の渓谷の方に行ってみようと車を走らせた。
前日、やってきたくわんす滝のある仲塔渓谷から国見陶芸への道を入って行った。
案内板に沿って行けばと思ったが、いきなり道が2つに分かれる。
見た目、立派な方の道をと上っていくと、集落を抜ける。
そして、最後にこの道は国見峠へは行けませんという立て看板。
ええ!
対向車が来ればアウトという狭さの道をなんとか回して引き返す。
もう一つの道へ。
渓谷に沿っていく。
この道はもともと国道265号線だった。
今は国見トンネルがドンと抜けたので、まったくと言っていいほど車は通らなくなっているのだ。
椎葉村がどの道を通っても険しい道だらけだったが、今はこの道があるので、熊本方面からはかなり楽に着く。
で、今、僕はその旧道を渓谷に沿って走っている。
画像

渓谷は深く、車を止めるスペースもないので、水に触れる場所はなかなかない。
画像

こんな青空。
まあ、熊本市内からみれば充分涼しいし、汗もさほど書かない。
画像

とにかく車が通らない。
多分渓流釣りだろうか?
国見峠はこっちと僕にたずねてきたので、自信はなかったが、そうだよと指差して教えた。
道は一本しかないし。
間違いなかろう。
あと、反対方向から車が一台。
それだけ。
画像

合歓の花や夏萩。
画像

画像

圧倒的な緑。
画像

画像

画像

途中、突然集落に出くわす。
木浦集落。
何軒かしか家が見えない。
集落の案内地図があったが、消えかかっている。
この道が国道として表示されている。
人は住んできたんだなと思う。
画像

画像

画像

画像

木浦集落を過ぎて道路は渓谷を渡る。
画像

ちょうど、渓流歩きをしてきた男性グループと出会った。
渓流を歩いて扇山に登って来たという。
そこまではやる気はないが、気持ち良さそうではある。
いきなり、そのうちの一人が。
こんなところまで来るなんてあなたも好きなんですね。
誰もこんなとこに来やしないよ。
そんなひとこと。
まあ、それはそうだけど。
ここからどうしようかと考えていたが、この場所なら渓流に降りられそうなので、降りて時間を潰す。
本当に、渓流歩きや釣りなどを趣味にしていれば、もっと楽しみ方も広がるのだろうけれど。
もともと手ぶらでやってくるのだから、こんなことしかできない。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ちょっと渓流につかって、帰ることを考えなくてはならない自分を残念がる。
ひとりだし、誰も来ないし。
スマホもつながらないし。
さっき言われた「こんなとこ」なんだな、ここは。
でも、結果、やっぱり好きだということもわかった。
結局、こんな山奥まできて、続いていると思った道もこの先でいきなり通行止の立て看板。
よくあることだし、いつ再び開通するかもわからない。
また車を回して帰路に。
画像





2016年の「宙虫の俳句」お立ち寄りください。
http://musinandanikki.at.webry.info/201612/article_5.html


小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://blog.goo.ne.jp/nakadayo2018


face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさんひとりだった おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる