おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさんシネマ(ガール・オン・ザ・トレイン)

<<   作成日時 : 2017/01/21 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




予告編
http://girl-train-movie.jp/


★★★あらすじ
夫トム(ジャスティン・セロー)と離婚し、深い悲しみに沈むレイチェル(エミリー・ブラント)。そんな彼女を慰めるのが、かつてトムと暮らしていた家の近所に住む夫婦の仲むつまじい姿だった。通勤電車の窓から二人を眺めてはトムと過ごした日々を思い出す彼女だったが、その夫婦の妻が不倫にふけっている現場を目撃する。次の日、電車を降りて彼らの様子を確かめようとするが、不意に記憶を失ってしまう。やがて自分の部屋で大けがを負った状態で目を覚ましたレイチェルは、その人妻が死体で発見されたのを知るが……。 ★★★


毎日列車に乗って見る窓辺。
その沿線に二つの家があって、主人公レイチェルはその家の住人たちの暮らしを妄想混じりに眺めている。
冒頭はどこかアンニュイなスタートなのだが。
少しずつレイチェルの不気味な雰囲気が描写されていく。
二つの家のひとつは、レイチェルがかつて住んでいた家。
今は元夫のトムがアナと再婚し、二人の間にできた娘と暮らしている家。
もう一軒は、すぐそばにある家だが、ここには、レイチェルが憧れる幸せを絵に描いたような夫婦が住んでいる。
しかし、ある日、その憧れの夫婦の妻が不倫している現場。
そして、その女が行方不明になって。
レイチェルは、その不倫相手が怪しいとにらんで。
このストーリーの中心になるレイチェルがなんとアル中という設定が凄すぎ。
ストーリー展開の中で、過去に現在に、現実にはたまた妄想に。
そして、酔っ払って失った記憶にと、観るほうも大混乱。
そこは、アル中の世界に引き込まれ行かれるような設定なのだ。
ネガティヴにしか生きていけないレイチェル。
行方不明の主婦メガンとその夫のスコット。
やがて、この夫婦とトムの家庭とがつながっていく。
行方不明のメガンが死体となって発見される。
しかも、レイチェルはその時間、酔って記憶をなくした上に傷だらけで自宅に帰っていた。
しかも、その間の記憶がない。
厄介な謎解きが始まる。
自分の曖昧な記憶が断片的にフラッシュバックされる。
しかも、彼女が動くたびに、怪しい人物がコロコロと変わっていく。
とうとう最後は、彼女の幸せだったはずの結婚生活もまた全く違っていたことにたどり着いてしまうのだ。
まあ、事件の基本が不倫。
かなりエロチックなシーンも出てくる。
あやしい世界観が重苦しい。
メガンを殺した犯人は途中でうすうすわかる展開にはなっている。
けっこうどろどろな関係。
しかし、本当のラストはそのあとにやってくる。
かなり衝撃的。
まあ、気がつけば女はこわい。
無理やりな展開でもあるが、そこはアル中の女が主人公としたストーリーが功を奏していると思う。
単なるどろどろとはちがう陰鬱さが絶妙なのである。
犯人と対峙して、真実を知った時、レイチェルは自分と決別する。
自分がアルコール依存症となった根源を断つように。
悲惨な結末だが、レイチェルやアナが次へ進むラスト。
レイチェルが今までとは違う車両で限りない未来があるとナレーションする。
不思議な未来が広がるエンディングが用意されている。
サイコスリラーとして、けっこういけてる映画。
たぶん好き嫌いはわかれるだろうが。
僕はいけてると思う。
映画はアメリカ映画なのに、画面の色使いなどはヨーロッパの北欧つぽいなと思っていたら、撮影監督はスウェーデン人のようだ。
とにかく頭がくらくらするくらいにレイチェルと酔っ払って犯人を追ってみるといい。
気分がいろんな意味で悪くなる人がいるかもしれないが責任は取れないけれど。









おじさんの俳句、良かったらどうぞ。
http://s.webry.info/sp/musinandanikki.at.webry.info/201701/article_5.html




2016年の「宙虫の俳句」お立ち寄りください。
http://musinandanikki.at.webry.info/201612/article_5.html


小さな俳句大会のご案内(1月いっぱいが締切)
http://blogs.yahoo.co.jp/nakamusi5011/47796776.html


小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://blog.goo.ne.jp/nakadayo2018


face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさんシネマ(ガール・オン・ザ・トレイン) おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる