おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさん山歩き(御前岳〕

<<   作成日時 : 2016/11/07 00:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

11月6日。
日曜日。
朝7時から車を走らせて、熊本市内から大分県日田市の御前岳湧水を目指す。
途中、こんな池の景色を見つけたりして、少し紅葉への期待も。
先週、近くの酒呑童子山に登ったが、まだまだ紅葉は、という感じだったが。
画像

この一週間の寒さでかなり色づいている感じだ。
御前岳山頂が楽しみになる。
少し道に迷ったが登山口の御前岳湧水に到着。
御前岳にはいくつか登山口があるが、この登山口、午前10時半だというのに、駐車場には一台も車がない。
時々青空が出る雲と霧の多い朝。
山の上の方はかなり色づいているようだ。
湧水で水を汲んで、いざ出発。
画像

画像

渓流に沿って水音や小さな滝などを見ながら歩き出す。
ほとんど登り続けるこのルート。
途中からシオジの原生林が始まる。
まだ紅葉とは言い難いが、いくつか高い位置の葉はきれいな黄色。
画像

画像

シオジの森の途中に、湧水源と書かれているような案内板がある。
そのあたりから、沢は涸れ沢になって水音がしなくなる。
あとはただ登るだけ。
途中二回休憩を挟んで随分標高があがった。
画像

ここまで誰とも出会わなかった。
人の声がしたら山頂だからと夫婦で話しながら登る。
突然、声が聞こえた。
釈迦岳方面からの縦走路にぶつかったのだ。
十人くらいのグループが目の前を御前岳へ横切っていった。
一気に賑やかな世界だ。
画像

そこからすぐに山頂。
ぐるりとそのグループが場所をとっている。
ひとすみだけ空いていたので、そこに腰を下ろす。
12時半だった。
今日の昼飯はタイカレー。
画像

持ってきた握り飯にかけて。
これだと水を使わずに済む。
おそるべし缶詰だ。
驚くからさではないがけっこう辛い。
グループが数組、山頂にてたどり着く。
ますます狭い。
一時を過ぎ、ひとグループずつ消えて行く。
福岡方面へ下っていくグループが多い。
画像
画像
画像

画像

午後一時半。
山頂には誰もいなくなった。
そろそろ下りよう。
画像

途中、湧水源で水を汲む。
持ち帰ってコーヒーでも。
岩のしたからあちこちで湧き出している。
画像
画像

午後3時半。
無事に登山口に着いた。

ちなみにこの山は福岡県側では御前岳と呼ばれ、大分県側では権現岳と呼ばれている。
通常は御前岳の方が通じるようだ。

前回釈迦岳方面から目指したのを思い出した。
http://s.webry.info/sp/musinandanikki.at.webry.info/200810/article_7.html











2015年の俳句はこちらで公開中。お気軽にどうぞ。
http://musinandanikki.at.webry.info/201512/article_11.html




小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://blog.goo.ne.jp/nakadayo2018


face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

実は来月から民生委員というお役目をすることになりました。仕事をしながらですので、生活にどんな影響があるのかさっぱりわからず、落ち着かない毎日です。
しばらくの間小麦句会をお休みしたいと思っています。
いろいろお世話になりながら、こんな風ですけど、すみません。
なるべく早く戻ってきたいとは思っていますので、その時はまた、よろしくお願いします。
皆様によろしくお伝えください。
ぼん
2016/11/25 09:15
それは大変ですね。
気分転換にでも気が向いたらまた参加してくださいね。
それとは別にして会える時が来ますように。
宙虫
2016/11/27 12:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさん山歩き(御前岳〕 おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる