おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさん夏休み3(遅ればせながら)

<<   作成日時 : 2016/09/08 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

8月23日、火曜日。
下関の散策の続き。
赤間神宮からバスに乗って、やってきたのがみもすそ川公園。
あの壇ノ浦の古戦場あとの碑などがある小さな公園。
ここから、ロープウェイに乗って、火の山の展望台へ行こうと考えていた。
ロープウェイへの道に立って良く見てみると。
なんと毎週火曜日と水曜日は運休だと。
最初に見たときはなんとも思わなかった。
というのが、普段土日が休日の自分なので、平日だということに気づいていなかったのだ。
がっかりしていると、とき同じくしてやってきたご婦人もやはり運休の文字を見ながら、これからどうしようかと思案している様子。
困ったもんですね。
ちょっと会話をする。
これから、人道トンネルを歩いて門司に渡ってあっちの山に登ります。
そう言ってご婦人は笑いながら去って行った。
ここにはその人道トンネルの入り口があって、けっこうひとの動きがある。
歩いている人も多そう。
とは言っても僕らは帰りも船と決めていたし、他にも歩きたいところがあるので、唐戸行きのバスを待つことにした。
このみもすそ川公園を歩いていると、時代装束のおじさんが声をかけてきた。
紙芝居はいかがですか?
無料で見て行ってくださいと声をかけられる。
どうやらNPO法人が企画してやっているイベントのようだ。
何人かのボランティアのおじさんたちが交替で紙芝居をやっている。
じゃあ、見ていこう。
一緒にいた神奈川からの親子連れとみることになった。
さて。
その紙芝居は。
もちらん、壇ノ浦だし。
耳なし芳一なのである。
画像

真昼間。
公園と言っても、車の往来の激しい国道と関門海峡の間のスペース。頭上は関門橋。
ドロドロドロー。
鳴り物入り。
ほーいちー。
ほーいちー。
平家の武者の亡霊が芳一の名を呼ぶ。
ほーいちー。
あれ?
けっこうはまってしまってる。
だめだよ、耳にお経書いてないよ。
だめだよ。
耳持って帰っちゃ!
幼い頃、悶々としながら読んだ耳なし芳一の話。
その頃、感じたおどろおどろしさが少しよみがえったのだった。
終わったら、記念にと上れなかった火の山からの関門の夜景の絵はがきをもらった。
あれは夏休みだけのイベントかだったのだろうか?
一年中、やっているものなのかはわからないが。
さて、まだ午後1時半。
唐戸まで帰って次の散策へ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさん夏休み3(遅ればせながら) おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる