おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさんは久々鹿児島県へ!梅雨明け!

<<   作成日時 : 2016/07/20 15:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

熊本県水俣市の寒川水源。
7月18日。
海の日。
そうめん流しを楽しんで。
まだ、午後1時を回ったところ。
次にどこかへ。
寒川水源を出るとこんな建物。
水源にあった太い水管はこの発電のために引いていたのだった。
画像

そうめん流しも水力。
発電も水力。
エコな地区だ。
もちろん、全てを補っているわけではないのだろうが。
少し下ると『愛林館』な建物が。
そこには西南の役の案内板。
画像

本当に九州のあちこちにある西南の役の戦場あと。
日本最後の内戦。
内戦なんてあってはならない。
もちろん、戦争に加わってもいけない。
戦争はなくて、銃はなくて、いいじゃないか。
今の日本、その点は素晴らしいよ!
と胸のなかでこの国に伝えた。
このあたりは棚田が綺麗だ。
画像

同じ熊本県だが、地震の被害はまったく見えない。
益城町などでは完全につぶれているであろう家屋もなんどもない。
本当に、地震のあとの風評被害は大変なようだ。
『愛林館』で、コーヒーを飲みながら、次はどこに?
目の前の道路の標識に鹿児島県の伊佐市の名前が。
山ひとつ越えれば、そこは鹿児島県。
行ってみよう。
妻に告げて車をスタートさせた。
ところが、道はどんどん狭くなっていく。
対向車は一台もない。
どうやらこれは旧道のようだ。
が、伊佐市の地名は案内標識にずっとある。
本当に峠を越えて、たどり着いた。
鹿児島県伊佐市。
妻にどこに行こうと聞く。
曾木の滝しか知らないからそこでいいかと聞く。
たぶん、妻は地理がわかっていない。
いいと答える。
以前、行ったよねと妻に聞く。
そんな滝知らないと答えられた。
僕は二回は来ているのだが、ひとりだったのか?
一度は仕事の流れで仲間と食事に立ち寄ったことがあるような気がするが、定かではない記憶。
しかも、その時は、人吉の方からやってきたし、まだ市町村合併前で大口市だったような気もする。
いったいどういう記憶をしているのだ。
妻はどうやら来たことがないようだ。
で、やってきた曾木の滝。
駐車場に車をとめる。
あれ、何やら少し雰囲気が違う。
遊歩道などが綺麗に整備されている。
それに、滝の水量がかなりある。
前に来たのは冬場だったのだろう。
水量がなく、さほど迫力を感じなかったが。
画像

画像

画像

画像

画像

画像
画像

落差はないので、水量がないと迫力はないが、これだけあれば、迫力ある水流。
川幅が結構あるので、いろいろな角度で楽しめる。
画像

柳原白蓮の歌碑もある。
画像

夏の1日。
本当に夏本番。
こうやって滝のそばにいると気分が高揚する。
画像

画像

滝のあとはもうひとつ。
僕の好きな景観がそこにはある。








2015年の俳句はこちらで公開中。お気軽にどうぞ。
http://musinandanikki.at.webry.info/201512/article_11.html




小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://blog.goo.ne.jp/nakadayo2018


face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさんは久々鹿児島県へ!梅雨明け! おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる