おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさんが文集のなかで

<<   作成日時 : 2015/11/22 07:49   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

送られてきた。
先日の小学校のクラス会で出てきた小学校5年生のときのクラスの文集が二冊。
幹事がコピーしてくれたもの。
5年生の自分だからたいしたことは書いていないが。
その一冊のなかの文章がこれ。
画像

なんだこりゃ。
短すぎ。
なのである。
もう一冊は読書感想文を書いていて。
フランクリンの伝記を読んだみたいで。
少し長めだ。
小学生の文章に負けそうなこのブログ。
たいして今も変わらない文章力なんである。


もう一冊にはこんな感想文が。

「フランクリン」を読んで

 フランクリンは小さい時、大工さんの使う石をぬまの足場にしてしまったことから、おとうさんに、「すじがとおっていなければ、人の役に立つことでも役にたたない。」といわれた。
 フランクリンは、大きくなって、印刷工場につとめながら、おとうさんの教えを守って、いろいろなしせつを作ってアメリカのためにつくした。フランクリンはとてもえらいと思った。もし、あの時おとうさんが「人のためにつくせ。」と、言わなければフランクリンという偉人は、生まれなかっただろうと思った。おとうさんがいなければアメリカ合衆国は、できなかっただろう。フランクリンは、みんながおそれていたかみなりを、電気であることを、みんなにしょう明した。みんなが「きみは、ほんとうの科学者だ。」と言ったら、「科学者とよばれようと、思ったことはない。」と言った。この時の、フランクリンは、とてもすばらしく感じた。ぼくは、ふつうの人なら、こんなことをいわないと思った。やっぱりフランクリンはえらいと思った。


ほら、あんまり変わらない文章力。
これでは小説家にはなれなかったわけだ。





2014年の俳句こちらで公開中。
http://musinandanikki.at.webry.info/201412/article_4.html




face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村



小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://8620.teacup.com/mugi0000/bbs?





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさんが文集のなかで おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる