おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさん深耶馬溪ウォークに参加する3

<<   作成日時 : 2014/11/24 20:03   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

11月16日。
深耶馬溪ウォーク。
朝9時半、いよいよスタート。
さきほど地区の人たちがついていた草餅が配られる。
力餅として。
画像

行程は11キロくらいらしい。
参加者100人程度だろうか?
最後尾の方からスタートした。
耶馬溪独特の奇岩と紅葉とそして川底が一枚岩の渓流に沿って。
歩く歩く。
カメラ抱えてあちこち立止まっていたら。
本当に最後尾になってしまった。
みんなウォーキングに来ている(当たり前)様子。
みくびっていてはいけない。
そうは言ってもきれいなものはきれい。
あいにく天気は曇り空。
青空のもとの紅葉は写せなかったが、それほど寒くもなく快適な歩き日和となった。
先ずは、みんなが目指すのは「不動岩」である。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この不動岩で休憩タイム。
休憩場所の神社から不動岩まで歩いて登ることができる。
早い人はここで一時間以上休憩になっているようで「早く帰ろう。」と声があがったりしていた。
スタッフが「あまり早く帰っても昼食の用意ができてないから引き延ばせと言われてます。」と答えていたのを聞いて思わず笑ってしまった。
とはいえ、最後尾で到着した自分らにもこの不動岩まで往復する時間は充分にあった。
ここでのんびり時間を使い、午前11時、一同は帰路に着いた。
帰り道はコースを変えてのんびりと集落を通ってゆく。
紅葉と奇岩を期待していた人間にとっては拍子抜け・・・・。
退屈だなという想いが蓄積してきたところに。
圧巻。
すごい景色が眼前、いや頭上に・・・・。
すごい、絶景。
そうそれがスタート地点の「折戸の景」だったのだ。
画像
画像
画像
画像
画像

昼食は朝から地元のひとたちが用意してくれた豚汁と炊き込みご飯。
うまい。
ついつい豚汁のお代わりを・・・・。
お土産に地元の農産物。
好きなものひとつずつもらって解散。
言葉では簡単だが楽しかった。
アットホームな雰囲気で・・・・。
それに出発が朝早かったので、午前中には終り・・・。
これからどこかで入浴するもよし。
さらに耶馬渓の探索をするもよし。
午後を有意義に使える。



2013年の宙虫の俳句を公開中。
http://musinandanikki.at.webry.info/201312/article_9.html




face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村



小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://8620.teacup.com/mugi0000/bbs?






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさん深耶馬溪ウォークに参加する3 おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる