おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさんの正月二日3

<<   作成日時 : 2014/01/04 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像

大分県日田市の高塚地蔵尊の参道に地元の農産物直売所となっているところがある。
そこでは祭りなどシーズンに地元の農家が自家製の椎茸や乾物や漬物を売っている。
いまは、椎茸のシーズン。
干ししいたけや生しいたけが並んでいた。
ここで漬物と生しいたけを買って。
最後の場所。
十時すぎ、いま商品をゴソゴソ並べているおじさんのブースをのぞくと。
きな粉やそば粉が並べているところ。
蕎麦の実のボン菓子を売っていた。
三百円で売られている。
めずらしいね。
と妻とはなしていると。
おじさん。
三百円だけど二百円でいい。
声をかけてくる。
え?
いきなり値引き。
中身は変わらんけど袋がちがうけん、二百円で売るで。
だと?
よくよく聞いてみると普段はチャックつきの袋だが、普通に密閉したからと。
それだけで百円引きなんて。
ありえん。
二百円で買う。
ついでに藁でできた亀の置物を。
これも買おうと妻が言う。
おじさん、この亀に五円をつけて飾るんやわ、と言う。
どうやってつけるんやろと妻と話しながら、でも、正月やし買って帰ろうと話していたら。
おじさん何やらポケットをもぞもぞ。
出てきたのはボンド。
さらにゴソゴソ。
小銭入れが出てきた。
あ、五円を出してくれるんやなと思いながら見ていた。
あれ?
五円を探している。
あったんやけどな。
とか言いながら。
ようやくこちらも察した。
この亀に五円をつけてくれようとしているらしいということ。
ちゃんと五円を用意しているわけではなくて、自分の小銭入れから五円を出そうとしているらしい。
あった。
五円玉を持つとおじさんおもむろにボンドを。
五円玉につけるのかと思ったら妻が持っていた亀の背にボンドをどば!とつけた。
おいおい、多すぎ。
ボンドはたらりと容器から糸をひいたまま。
山盛りのボンドの上に五円玉をぺた!
ありがとう。
でも、これじゃ、当面かわかないよ。
のんきで陽気なおじさんだ。
まけてもらった上に五円玉まて。
乾くまで亀だけは手に持って参道を降りていったのだった。
いま、玄関にその亀は置かれている。
ポン菓子はそばの実が小さいだけにかなりの量。
かすかに蕎麦の味。
腹にたまる。
なるほどという感じ。
新年早々、和ませてもらった。
感謝。






2013年の宙虫の俳句を公開中。
http://musinandanikki.at.webry.info/201312/article_9.html




俳句大会へのお誘い(大分県現代俳句協会ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/nakamusi5011/46010952.html




face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村



小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://8620.teacup.com/mugi0000/bbs?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさんの正月二日3 おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる