おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさん山歩き(一目山〜みそこぶし山〜湧蓋山)

<<   作成日時 : 2013/09/23 01:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

9月21日(土)。
九重連山の西側の頂、湧蓋山までの山歩き。
この日、天気はまあまあ。
しかし、登山口では、既に暑い。
これは湿気を感じる暑さ。
先週登った中岳ではからっとさわやかだったのに。
季節は逆戻りしているのではないか。
湧蓋山へは、もう20数年前に登ったきりだった。
当時小学生だったふたりの息子もいた。
家族4人で登った記憶の山だ。
くじゅうの中を家族で何回か登っているが、ここは印象深かった山のひとつ。
なのに、この日まで登らなかったのが不思議だ。
というわけで、夫婦ふたりで登ることにした。
今回は八丁原から一目山(1287m)から始まりみそこぶし山(1299m)女岳(1425m)とピークを越えて湧蓋山(1500m)を目指す。
このコースのほとんどはススキ原となっていてその眺望が素晴らしい。
いま、ちょうどススキがわたになりかけている状態で、光の関係では輝いている状態だ。
画像

画像
画像

一目山山頂。
八丁原の駐車場から30分あれば充分に登れる。
もちろん速いひとはこの半分の時間があれば。
ただし、湧蓋山までの登山は始まったばかり、体力は温存させて・・・・・。
遠くに湧蓋山の姿が見える。
画像

画像

いったん、一目山を下って、次のピークみそこぶし山へ。
九重連山の山々、阿蘇方面、日田玖珠方面の景色をながめながら快調に歩く。
画像
画像
画像

土曜日、けっこう登山者がいる。
このみそこぶし山からしばらく草地を下りながら歩いていく。
この登山道は、九重の一番端にあたる場所。
大分県と熊本県の境を歩いていることになる。
気付くことは、大分県側はなだらかな場所がかなりあり、牛の放牧地になっている。
熊本県側はかなり急峻で杉などの植林地が目立つのだ。
画像
画像
画像
画像
画像

やがて、草地が終るとそこは熊本県側(小国)からと大分県側(筋湯・ひぜん湯)からの登山道と出会う。
いよいよ湧蓋山への登りが始まる。
植林地や樫などの林をくぐって登り始める。
ここからが実はきつかった。
どうやら、暑さにやられたようで。
ふだんさほど飲むことのない麦茶をけっこう飲んでいた。
なんとか、女岳にたどりついたときはほっとする。
あとわずかで湧蓋山山頂だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

3時間半ほどかかった登山。
思わぬ暑さだったが。
それも眺望が忘れさせてくれる。
湧蓋山は大分県側からは「玖珠富士」熊本県側からは「小国富士」と親しまれている。
しかし、山頂から熊本県側への眺望はまったくない。
ひょっとして山頂は大分県側で、放牧の関係で草地となっているのではないかと想像。
きゅうりの醤油漬けにとまろうとするとんぼ。
なんだかいい時間を過ごした。
そして、暑さも雲が出て少しおさまってきた。
ひさびさに体力のなさを感じたのだった。







2012年の「宙虫の俳句」公開中
http://musinandanikki.at.webry.info/201212/article_10.html





俳句大会へのお誘い(大分県現代俳句協会ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/nakamusi5011/45754481.html




face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村



小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://8620.teacup.com/mugi0000/bbs?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさん山歩き(一目山〜みそこぶし山〜湧蓋山) おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる