おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさん山歩き(九重・中岳その1)

<<   作成日時 : 2013/09/11 11:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

9月10日。
九州本土最高峰。
1791m。
九重の中岳へ向かって歩く。
久しく、九重山方面へ歩いていないような気がして。
無性に「御池(みいけ)」の姿を見たくなったからだ。
いつ姿を見たのだろうか。
子供が小さかった頃、やってきた気がするが。
九重のなかをあちこち歩いているが、中岳へは結局、時間が足りなかったり、体力が足りなかったりで、たどりつかないままだった。
それでは、最初から中岳を目指すことにした。
さらに、最近の登山ブームで九重にも土日にはたくさんの人が押し寄せている。
行くなら平日。
夏休みをこの時期とったので、その一日で出かけることにした。
ところが、天気予報がいまひとつ。
最初、9日に予定していたが、一日ずらしてこの日にしたのだ。
登山口は牧ノ戸峠から。
基本的にまっすぐ歩いていくのと起伏はさほど大きくないので、気楽に歩ける。
熊本からここまで来る時は、霧とも靄ともつかぬほど煙っていたので、心配したが。
くっきりと青空がひろがっていた。
雲は多少あるものの・・・・。
それにしても、暑い。
しかし、さすが標高1700m.。
直射日光はきつくても、30度を超えることはなく。
ある意味、快適。
これも、この夏の猛暑に耐えて来た成果かなと思いながら歩いた。
やはり、九重はいい。
初秋の花たちを眺めながら、ひらけた眺望に歩をとめながら、着実に前へ前へ。
相変わらず、次々と人に抜かれながら。
カメラをあちこち向けながらのゆったり山歩きだ。
二時間ほど歩いて、沓掛山や星生山を通り過ぎ。
やっと久住山の頂が目にはいる。
久住別れの広場にたどりつく。
まだここからは中岳の姿は見えない。
久住山へは登らず、中岳へ直登。
最大の目的。
御池の姿を目にしたら、その先に中岳の頂が見えるはずだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像




2012年の「宙虫の俳句」公開中
http://musinandanikki.at.webry.info/201212/article_10.html





俳句大会へのお誘い(大分県現代俳句協会ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/nakamusi5011/45754481.html




face book お立ち寄りください。




人気blogランキングへ



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村



小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://8620.teacup.com/mugi0000/bbs?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさん山歩き(九重・中岳その1) おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる