おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさん記憶を追って

<<   作成日時 : 2013/08/17 17:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

記憶のなかにずっと滝があった。
幼い頃、滝に行ったことはあるけれど。
道を思い出せない。
けっこう谷を下りていかなくてはならないから。
一人で行くこともなかった。
そのうち、自分の中でその存在を忘れてしまっていた。
蝙蝠滝。
先日、蝙蝠をひろったことから、この名前を思い出した。
大分県竹田市。
実家に帰って、その滝まで行ってみようと試みた。
記憶にあった滝への道を思い出しながら。
そう思ったが、細い道はなくなっていたり。
狭いながら林道が通っていたり。
変わっていないようで変わっている。
滝へのアクセスはかなり悪い。
それでもなんとかたどり着いた。
ここのところの雨の少なさもあり。
すぐ上流が水力発電所だったり。
その水量はさみしい限り。
でも、甌穴がたくさん、河岸は柱状節理の岩が。
このあたりの滝の特徴だ。
ここだった。
水量がもっとあるとき。
たぶん、そのタイミングが難しい。
平らな岩盤の川底。
あっという間に水が溢れそうだ。
誰もいない滝。
街の暑さはここにはない。
下流の淵に、ひとつ小さな滝が。
あ、あの滝。
自分はあの滝を蝙蝠滝と思っていた。
それがわかった。
画像

最後に、ここには舟路跡なる堀割がある。
下流から、岡藩へ荷物運搬のための舟を通したもの。
うっそうとした林の中。
ひっそりとその舟路跡はある。
どちらにしても、アクセスが悪い。
知っている、思い出せたから滝には行けたのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさん記憶を追って おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる