おじさん(Age.61)日記By宙虫

アクセスカウンタ

zoom RSS おじさんシネマ(瞳の奥の秘密)

<<   作成日時 : 2010/10/21 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 8 / コメント 0

アカデミー賞の外国語映画賞。
「おくりびと」の受賞で急に気になる。
いままでもいくつか観てきた。
さほど意識して観ていたわけではないが、ここに来て急に気になった。
熊本での上映はまだ先のよう。
先日福岡にでかけた際にKBCシネマで上映中だったのでついつい。
面白かった!
瞳の奥の秘密
アルゼンチンのブエノスアイレスが舞台。
ベンハミン・エスポシトは刑事裁判所を定年退職後、仕事も家族もない孤独の日々を送っている。
思い立って、25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意。
昔の職場を訪ねる。
彼の元上司の検事イレーネが出迎える。
当時は判事補で美しいうえに頭が聡明。
今では、母親にもなっていた。
そんな彼女に対して、学歴的なコンプレックスを持っていたベンハミン。
かつての事件をひも解いてゆく。
その事件は、25年前、銀行員の夫リカルドと新婚生活を送っていた女性教師リリアナが自宅で惨殺された事件だった。
リリアナの幼馴染ゴメスという男が犯人とにらみ、ベンハミンは強引な捜査を行うが、そのせいで、結局事件は未解決になってしまう。
一年後、モラレスと再開したベンハミン。
モラレスは、今も毎日駅を変えながらゴメスを追っていた。
やがて、その事件の真相が見えてくるが・・・・。
思いもよらぬ結末が、観る者をぞっとさせる。
日本でもここにきて被害者の遺族の気持ちについての論議がさかんに叫ばれているが。
この映画でもモラレスという存在が大きくクローズアップされるラストは圧巻だ。
そこまでたどり着くストーリーは、ベンハミンの小説の執筆状況にあわせて、現在と過去を行ったりきたりする。
ベンハミンにも記憶から消えていた事実や疑問のままだったものを埋めながら。
そのたびに、ベンハミンの前にはイレーネがいる。
イレーネは元の職場の上司なのだが、彼女に対するコンプレックスは学歴から生まれているようなベンハミンの心理状態の描き方もけっこういい。
また、ベンハミンとともに真相を追うパブロの存在がこの映画を締めているような気がした。
そんななか、ベンハミン達がゴメスを追い詰めることになるサッカー場のシーンは、すごく圧巻。
どよめくサッカースタンドのなか、追いつ追われつ。
地鳴りのような光景はすさまじく驚いてしまった。
25年前、モラレスを最後に見かけて。
犯人が捕まらないまま、事件はなんの進展もないまま。
ベンハミンが小説に起こすことでその後の真実にたどり着くのだ。
タイプライターや手紙など細かいアイテムもストーリーによく絡んでいて、一級品のミステリーになっている。
そして、ちらちらと見え隠れしていたベンハミンとイレーネの恋の行方は?
どこかラテンな映画だが。
基本のサスペンスはけっこう深い。
ラテンののりと高まるサスペンスを対峙させることで、娯楽作品としても、一級品のような気がする。
本来ずっしりとくる結末。
誰も手に掛けないのなら、自分が・・・・。
モラレスのまっすぐな愛。
それは、異常ともいえる描き方だが。
愛するものに対する心情とも。
ベンハミンはその姿を見て、イレーネに愛を告げる。
ここに結びつけるとはすごい映画だ。
そして、それを受け止めるイレーネ。
夫も子もいるはずだが。
それでも、ラテンの血は認めるんだろう。
あっけらかんとしてそういう設定に気付かない。
そうそう、Aを打てないタイプライターなど、しゃれた小道具も登場する。


★★★(こんなところに出入りしています。)
週刊俳句
http://weekly-haiku.blogspot.com/2010/08/172-201088.html

ウラハイ(小旅行のレポート中)
http://hw02.blogspot.com/search/label/NakayamaSoran

かささぎの旗(連句)
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-55a8.html

小麦句会(この句会は誰でも参加できます。)
http://8620.teacup.com/mugi0000/bbs?



人気blogランキングへ

TOPページの右側のアバターに銅のお宝がついてます。
http://musinandanikki.at.webry.info/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「瞳の奥の秘密」
 あえて画像を不鮮明にした幾つかのシーンで幕を開ける。そのイントロでワクワクしてくる。とりわけ、心をひっ掻くのは、男と女が駅で別れるシテュエーション。それは後で重要な意味を持つのだが。 ...続きを見る
今日の素敵さがし
2010/10/23 09:40
《 瞳の奥の秘密 》
フアン・ホセ・カンパネラ監督作品。第82回アカデミー賞にて、最優秀外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画です。アルゼンチン・アカデミー賞では主要部門を総なめにした驚異的な作品で、主演はアルゼンチンにおける国民的俳優、リカルド・ダリンとソレダ・ビジャミルが務めま ...続きを見る
映画 - K&#39;z films -
2010/10/23 11:54
『瞳の奥の秘密』
(原題:El secreto de sus ojos) ...続きを見る
ラムの大通り
2010/10/23 12:10
瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円
人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、... ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2010/10/23 15:56
瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos
ランキングクリックしてね ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2010/10/23 17:44
映画:瞳の奥の秘密 アカデミー賞外国映画賞も納得の出来。
アカデミー賞外国映画賞を受賞したアルゼンチン映画。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2010/10/24 00:17
映画レビュー「瞳の奥の秘密」
El Secreto De Sus Ojos◆プチレビュー◆殺人事件が浮き彫りにするのは壮絶な愛と哀しみ。サスペンスとしてもドラマとしても一級の傑作。 【95点】 刑事裁判所を退職したベンハミンは、25年前の未解決事件を題材に小説を書き始める。1974年に起こった残忍な殺人事件は、政... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2010/10/24 00:19
『瞳の奥の秘密』'09・西・亜
あらすじ刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れ難いある事件を題材に小説を書き始め ...続きを見る
虎団Jr. 虎ックバック専用機
2011/11/26 08:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじさんシネマ(瞳の奥の秘密) おじさん(Age.61)日記By宙虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる